巌佐庸

巌佐 庸(いわさ よう、1952年 - )は、日本の数理生物学者。現在関西学院大学理工学部教授[1][2]。専門は、数理モデル、生態学、進化学、発生生物学[1]で、生物学や生命科学の様々な現象に数理モデルによる理論解析を行っている[2]

経歴

1952年大阪市生まれ。1975年京都大学理学部卒業。1980年同大学院博士課程修了ののち、1981年スタンフォード大学・1983年コーネル大学研究員、1985年九州大学理学部助手、1992年九州大学理学部教授、1999年九州大学大学院理学研究院教授、2010年04月九州大学高等研究院長などを経て、現在関西学院大学理工学部教授[1][2]

日本学術振興会 学術システム研究センター主任研究員 [2]

Journal of Theoretical Biology編集委員長、ほか約12誌の編集委員[2]

所属学会

受賞

  • 第1回日本生態学会賞
  • 第3回木村資生記念学術賞
  • アメリカ数理生物学会 (SMB) Akira-Okubo prize

著書

  • 『生物の適応戦略』サイエンス社 1981
  • 『数理生物学入門』共立出版 1998
  • 『生命の数理』共立出版 2008

共著・編

  • 『生態学事典』(共編)共立出版 2003
  • 『シリーズ現代の生態学』日本生態学会 編、共立出版、2014 『フロンティア実験社会科学』西條辰義 監修、勁草書房 2015

共訳

  • 『行動生態学』Nicholas B.Davies, John R.Krebs, Stuart A.West [著];野間口眞太郎、山岸哲、巌佐庸 訳、共立出版 2015
  • 『なぜ・どうして種の数は増えるのか』Peter R.Grant, B.Rosemary Grant [著];巌佐庸 監訳;山口諒 訳、共立出版 2017

論文

英文原著論文は310編以上[2]

脚注

出典

  1. Takiyama, Yoshihiro (2001). “519 A Drainage Model of a Twin-Wire Former”. The Proceedings of The Computational Mechanics Conference 2001.14 (0): 571-572. doi:10.1299/jsmecmd.2001.14.571. ISSN 2424-2799. https://doi.org/10.1299/jsmecmd.2001.14.571.
  2. 巌佐 庸”. www.amazon.co.jp. 2019年8月19日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.