崇文総目

崇文総目』(すうぶんそうもく)は、北宋の勅撰の漢籍目録であり、宋の宮廷の蔵書閣である崇文院の書目である。もと66巻あったといい[1]、書物ごとに解題がつけられていた。後世には書名・著者・巻数のみからなる略本が伝わり、それに他の書物に見える解説を追加した本が行われている。

四部分類に従い、下位分類として45類[2]にわけている。子部の末尾に道書釈書を含めている。

なお、南宋でも『中興館閣書目』という同様の目録が作られたが、現存していない[3]

成立

宋の宮廷で書籍を集めた建物を崇文院と呼んだが、大中祥符8年(1015年)の火災で多くの書物を失った[4]

景祐元年(1034年)に仁宗は王堯臣・王洙・欧陽脩らに命じて、崇文院の書物を整理させ[4]の『群書四部録』(現存せず)にならって目録を作った。慶暦元年(1041年)に完成し、仁宗は『崇文総目』の名を与えた[5]

略本と輯逸

南宋年間に叙釈を除いた全1巻の略本が作られた[6]。のちには略本のみが行われて、本来の形の『崇文総目』は滅んだ。さいわい欧陽脩が書いた各類の叙釈は『欧陽文忠公集』に載せる「崇文総目叙釈」に残っている[7]。ほかに『文献通考』経籍考などに『崇文総目』からの引用が見える。

四庫全書』は『永楽大典』に載せる略本をもとに諸本の引用を補って12巻とした。その後、銭侗・銭東垣・銭繹・金錫鬯・秦鑑らは天一閣抄本をもとに叙釈を輯佚して注釈を加えた『崇文総目輯釈』5巻を嘉慶4年(1799年)に出版した(『汗筠斎叢書』本)。1936年には陳漢章『崇文総目輯釈補正』4巻が出版された。

評価

鄭樵は『通志』において『崇文総目』を批判した。すでに分類によって何の書物であるかは明らかであるのに、書物ごとに解題があるのは無用であるとした[8]。『四庫全書総目提要』は『通志』を批判している。

なお、道書と雑史の分類については『通志』は『崇文総目』を高く評価している[9]

脚注

  1. 四庫全書総目提要』によると、本来の巻数は文献によって60巻から67巻まで異なる
  2. 郡斎読書志』には46類とする
  3. 王応麟玉海』巻52・淳熙中興館閣書目 嘉定続書目。
  4. 江少虞『皇朝類苑』巻31・蔵書之府。
  5. 馬端臨文献通考』巻174・経籍考一。
  6. 陳振孫『直斎書録解題』目録類・崇文総目一巻「今此惟六十六巻之目耳。題云紹興改定。」
  7. 欧陽脩崇文総目叙釈」『欧陽文忠公集』巻124。
  8. 『通志』校讐略・泛釈無義論一篇
  9. 『通志』校讐略・崇文明於両類論一篇

参考文献

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.