岩波全書

岩波全書(いわなみぜんしょ)とは岩波書店から出版されていた叢書

概要

1933年に「もっとも信頼すべき基礎的学術書」を目指して創刊され、438点が刊行された[1]。判型はやや小ぶりのB6判で、刊行当初は箱にはいっていたが、1970年ごろからの新刊、重版書目については箱を使用しないことになった。

この形式で、三笠書房は1930年代に、唯物論研究会の論客を著者に起用して、〈唯物論全書〉(のちに〈三笠全書〉と改名)というシリーズを発刊して対抗した。

2005年より中でも特に評価の高い作品が復刊されている[2]

脚注

  1. asahi.com: 岩波全書の名著復刊 - BOOK (2005年7月10日). 2016年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月5日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.