岩本通弥

岩本 通弥(いわもと みちや、1956年3月30日 [1]- )は、日本の民俗学研究者、東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は都市民俗学、民俗学の対象化である。

来歴

東京生まれ。海城高等学校卒、1978年筑波大学卒、1985年同大学院歴史・人類学研究科博士課程満期退学。その後、国立歴史民俗博物館助手、1995年東京大学教養学部助教授を経て、同教授。2021年定年退任。

著書

編著はあるが単著はない。

編著

  • 『都市民俗学へのいざない』1-2 小林忠雄, 倉石忠彦共編(雄山閣出版、1989)
  • 『覚悟と生き方』編著(ちくま新書、1999)
  • 『現代民俗誌の地平 記憶』(朝倉書店、2003)
  • 『都市の暮らしの民俗学』1-3 新谷尚紀共編(吉川弘文館、2006)
  • 『ふるさと資源化と民俗学』編著(吉川弘文館、2007)
  • 『民俗学の可能性を拓く 「野の学問」とアカデミズム』菅豊,中村淳共編著. 青弓社, 2012.11
  • 『世界遺産時代の民俗学 グローバル・スタンダードの受容をめぐる日韓比較』編. 風響社, 2013.2
  • 『方法としての〈語り〉 :民俗学をこえて』編著. ミネルヴァ書房, 2020.4

脚注

  1. 『駒場2001』
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.