岡部文夫

岡部 文夫(おかべ ふみお、1908年〈明治41年〉4月25日 - 1990年〈平成2年〉8月9日)は、歌人

来歴

石川県羽咋郡志賀町出身。二松学舎専門学校中退。日本専売公社に勤務し、北信越各地を転々とした。退職後は福井県春江町に住んだ。1927年同郷で小学校の二年上の坪野哲久の影響を受けて、歌誌「ポトナム」に入会、1928年「短歌戦線」の創刊に参加、口語自由律短歌を作り、プロレタリア歌人となる。第一歌集「どん底の叫び」および第二歌集「鑿岩夫」は発禁処分も受けた。同郷の藤澤清造と交流があり「鑿岩夫」の序文をもらっているが、借金の無心をされ断ったことを機に絶交したという[1] 。その後はプロレタリア歌人同盟を脱退し、古泉千樫系の歌誌「青垣」にて橋本徳壽に師事。文語定型へと回帰した。

戦後1948年「海潮」を創刊、主宰。1981年「晩冬」で第8回日本歌人クラブ賞1983年「雪」「鯉」で第19回短歌研究賞1987年「雪天」で第21回迢空賞受賞。

著書

  • 『どん底の叫び』歌集、紅玉堂書店、1930年2月、無産者歌人叢書
  • 『鑿岩夫』プロレタリア短歌集、紅玉堂書店、1930年9月、無産者歌人叢書
  • 『いしかは』歌集、山本賢次共著、青垣会、1937年、青垣叢書
  • 『石の上の霜』歌集、短歌新聞社、1977年4月
  • 『晩冬』歌集、短歌新聞社、1980年4月
  • 『氷見』歌集、海潮短歌会編、短歌新聞社、1992年10月
  • 『雪天』歌集、1998年10月、短歌新聞社文庫
  • 『岡部文夫全歌集』 短歌新聞社、2008年8月

参考

脚注

  1. 藤澤清造『根津権現裏』収録の年譜(筆:西村賢太
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.