岡田武夫 (司教)

岡田 武夫(おかだ たけお、Peter Takeo Okada, 1941年10月24日 - 2020年12月18日)は、日本カトリック教会聖職者カトリック浦和司教区(現カトリックさいたま教区)第3代司教とカトリック東京大司教区の第8代大司教を務めた[1]洗礼名は「ペトロ」。

ペトロ 岡田武夫
Petrus Takeo Okada
カトリック東京大司教区名誉大司教
教会 カトリック教会
大司教区 東京
着座 2000年9月3日
離任 2017年12月16日
前任 白柳誠一
後任 菊地功
他の役職 カトリック浦和司教(1991年 - 2000年)
聖職
司祭叙階 1973年11月3日
司教叙階 1991年9月16日
個人情報
出生 (1941-10-24) 1941年10月24日
千葉県市原市
死去 2020年12月18日(2020-12-18)
東京都文京区

経歴

千葉県市原市に生まれ[2]、東京大学法学部[3]在学中にプロテスタントからカトリックに転会する[4]

1973年11月3日に司祭叙階された。船橋教会助任司祭、西千葉教会主任代行を経て、1975年~1979年にローマに留学。帰国後、柏教会主任司祭、日本カトリック宣教研究所所長を歴任した後、1991年4月15日教皇ヨハネ・パウロ2世により、カトリック浦和教区(現在のさいたま教区)の司教に任命され、同年9月16日に白柳誠一枢機卿、および大阪教区・安田久雄大司教と長崎教区島本要大司教の共同司式により、司教叙階の秘跡を受けた[5][6]

2000年2月17日には、白柳枢機卿の引退に伴い、東京教区大司教に任命された。司教着座式は同年9月3日に行われた[5]。大司教在任中はカトリック中央協議会の会長・副会長をそれぞれ数期務めた。

2010年2月の報道によれば、彼は教皇ベネディクト16世により、2010年10月に枢機卿に親任される見込みであったが[7]、同年10月17日に発表された新しく任命された24人の枢機卿のリストには載らなかった[8]

2013年7月、自身の後任の浦和(さいたま)司教に就いていた谷大二が辞任し、これに伴いさいたま教区の管理者に任じられたため、再びさいたま教区の責任者となる。

2017年10月25日、75歳定年のため東京教区大司教を引退し、後任に新潟教区のタルチシオ菊地功司教を任命することをバチカンが発表[9]。同年12月16日の菊地の着座をもって東京大司教を正式に引退した。しかしさいたま教区管理者は続投となり、以後はこちらが本業となった。

2018年9月24日、山野内倫昭がさいたま司教に叙階・着座したことで教区管理者業務は終了し、同日付で東京大司教区カトリック本郷教会の協力司祭に就任した[10]

2019年4月21日、東京大司教区カトリック本郷教会の小教区管理者に就任した。12月、文化庁長官表彰[11]

2020年12月18日午後1時22分[12]、頸部食道がんに伴う出血性ショックのため東京医科歯科大学医学部附属病院にて死去。79歳没[6]

同年1月末にステージ4の食道がんが見つかったが、手術をせずに[13]放射線療法と化学療法を続けながら在宅(本郷教会司祭館)で働き続けることを選択していた[14]。体力が衰えるなか、精力的に文章を書き続けており、同月12日までブログFacebookが更新されている[15]。しかし12月18日の朝に容態が急変、司祭館で大量吐血したため救急搬送され、搬送先の救急治療室で帰天したという[16][17]

12月23日、午前11時より東京カテドラル聖マリア大聖堂で葬儀ミサが執り行われた[18][19]が、新型コロナ感染予防のため、一般信徒の参列は認められなかった[20](葬儀ミサの動画は生中継配信された。「外部リンク」参照)。また、火葬を葬儀ミサの3日前の同月20日に行う[20]という、日本の司祭・司教の葬儀(通常は葬儀ミサ後に荼毘に附される)としては異例の事態となった[21]

2021年1月19日に追悼ミサが行われる予定であった[22]が、新型コロナ感染対策の緊急事態宣言が同年1月7日夜に1都3県に再発令されたのを受け、延期が決定された[23]

思想

エキュメニズム活動に熱心であり、2008年2月1日には日本聖公会の植松誠首座主教と共同で「ともに捧げる祈りの集い」を東京カテドラル聖マリア大聖堂で司式した[24]2009年には、日本聖公会150周年記念礼拝が同カテドラルで行われた[25][26]

また、司祭の高齢化が進み、病気の司祭、疲労し消耗している司祭が増えていることが教会にとって大きな課題であるとして、司祭の休暇・休養の制度を確立することを決定した[27]

脚注

  1. "Metropolitan Archdiocese of Tokyo" 2010年2月18日閲覧 (英語)
  2. 岡田武夫大司教 カトリック東京大司教区
  3. 2015 焦点・論点/「戦後70年司教団メッセージ」の精神/カトリック東京大司教 岡田 武夫 さん/憲法の「不戦の理念」 私たちの宝 平和の実現へ 世界の人々と協力
  4. 第5回YGT 「旅」の案内人は岡田大司教 東京教区ニュース No.184
  5. “Archbishop Peter Takeo Okada”. Catholic-Hierarchy.org. http://www.catholic-hierarchy.org/bishop/bokada.html(英語)
  6. 訃報:ペトロ岡田武夫名誉大司教 | カトリック東京大司教区 ウェブサイト(2020年12月18日) (日本語). 2020年12月18日閲覧。
  7. “Pope tipped to make four new Asian cardinals”. Union of Catholic Asia News. (2010年2月12日). http://www.ucanews.com/2010/02/12/pope-tipped-to-make-four-new-asian-cardinals(英語)
  8. 教皇ベネディクト十六世の新枢機卿任命発表のことば
  9. 菊地司教、東京教区大司教に
  10. 司祭人事 東京教区ニュース第356号 2018年10月9日
  11. 令和元年度文化庁長官表彰名簿
  12. 訃報:ペトロ岡田武夫大司教様カトリック東京大司教区「大司教 タルシチオ菊地功の日記」(2020年12月19日)。
  13. 手術を選択しなかったのは、万が一失敗すると声帯を傷つけるリスクがあり、福音宣教に差し支える、という理由であった。葬儀ミサ終盤の菊地大司教の挨拶で語られている。動画(「外部リンク」参照)では 57:35-57:57 で確認可能。
  14. ペトロ岡田武夫大司教葬儀ミサ@東京カテドラルカトリック東京大司教区「大司教 タルシチオ菊地功の日記」(2020年12月24日)のミサ説教原稿より。
  15. カトリック東京大司教区第8代大司教の岡田武夫名誉大司教が帰天、79歳”. Christian Press (2020年12月21日). 2020年12月23日閲覧。
  16. この日の様子は、葬儀ミサ終盤の菊地大司教の挨拶で詳しく語られている。動画(「外部リンク」参照)の 58:55-59:34 で確認可能。尚、挨拶全体(挨拶のみ字幕なし)は 55:59-1:01:28。
  17. 【訃報】 岡田武夫さん(カトリック名誉大司教) 2020年12月18日 (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2020年12月22日). 2020年12月24日閲覧。
  18. ペトロ岡田武夫大司教葬儀ミサ@東京カテドラル”. カトリック東京大司教区 (2020年12月24日). 2020年12月24日閲覧。
  19. 『カトリック新聞』2021年1月3日。第4558号。1面。
  20. 故岡田武夫名誉大司教の葬儀などについて”. カトリック東京大司教区 (2020年12月19日). 2021年1月11日閲覧。
  21. ペトロ岡田武夫大司教葬儀ミサ@東京カテドラル”. カトリック東京大司教区「大司教 タルシチオ菊地功の日記」 (2020年12月24日). 2021年1月11日閲覧。 -これによると、この慌だしい日程は、帰天後「PCR検査が行われなかったことから、ご遺体は(新型コロナの)陽性(者)と同じ取り扱いとなって」しまったためで、火葬は20日午後、立会人なしで行なわれた。この件は、葬儀ミサ終盤の菊地大司教の挨拶でも言及されており、動画(「外部リンク」参照)では 59:34-1:00:21で確認可能。
  22. 故岡田武夫名誉大司教の葬儀などについて | カトリック東京大司教区 ウェブサイト(2020年12月19日) (日本語). 2020年12月29日閲覧。
  23. 故ペトロ岡田武夫名誉大司教追悼ミサ、献花・お別れの延期について”. カトリック東京大司教区 (2021年1月9日). 2021年1月11日閲覧。
  24. 聖公会と合同礼拝 東京教区ニュース No.250 2008/3
  25. カンタベリー大主教9月来日、日本聖公会宣教150周年記念で クリスチャントゥディ 2009年01月14日
  26. カンタベリー大主教が説教 日本聖公会宣教150周年記念礼拝 クリスチャントゥディ 2009年09月24日
  27. 司祭の休養・霊的生活の刷新―司祭年終了に際して―

関連項目

外部リンク

先代:
島本要
カトリック浦和司教区
(現さいたま司教区)
教区長

1991年  2000年
次代:
谷大二
先代:
白柳誠一
カトリック東京大司教区
教区長

2000年  2017年
次代:
菊地功
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.