岡本経一

岡本 経一(おかもと きょういち、1909年3月25日[1] - 2010年11月15日)は、日本の出版人。

人物

岡山県勝田郡勝間田町出身[2]、旧姓は森部。

13歳で上京[3]額田六福の紹介で作家・岡本綺堂の書生となり、専検(専門学校入学資格検定試験)をとって法政大学の夜学に通う[4]。1930年、法政大学高等師範科(国漢)卒業[5]

1937年に綺堂の養子となった[6]。1944年応召、戦後ソ連に抑留され、1947年復員[7]

戦後、青蛙堂書房を創業、社名は綺堂の作品『青蛙堂鬼談』に由来するが、間もなく倒産。1955年に青蛙房として再建し、養父岡本綺堂や三田村鳶魚らの著作を刊行。他にも6代目三遊亭圓生の自伝『寄席育ち』や宇野信夫等の著作も出版している。江戸時代の文化関連の出版により、青蛙房名義で1967年度の菊池寛賞を受賞している。

『岡本綺堂日記』(1987年)等、養父岡本綺堂に関する資料の編纂や出版などを手掛け、文庫版などで綺堂作品の解説も多く行っている(『「半七捕物帳」解説』に所収。2009年に100歳記念で刊行)。

1990年に引退[8]。社業を子息・岡本修一[9][10]に譲る。

2010年11月15日、急性心筋梗塞により死去[11]。享年102。

著書

  • 綺堂年代記 同光社 1951。青蛙房 2006.7。編者代表
  • 私のあとがき帖 青蛙房 1980.10、オンデマンド版 2006.7
  • 半七捕物帳」解説 青蛙房 2009.3

賞詞

外部リンク

脚註

  1. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  7. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  9. 2018年9月に病没、享年69。青蛙房も2019年をもって閉じられた。
  10. 岡本千秋 (2019年11月26日). 青蛙房ニュース 2019年11月26日 ペンの日”. 2020年5月12日閲覧。
  11. 訃報:岡本経一さん 毎日新聞 2010年11月17日閲覧
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.