岡山県道264号福里八日市線

岡山県道264号福里八日市線(おかやまけんどう264ごう ふくさとようかいちせん)は、岡山県瀬戸内市長船町福里と岡山県瀬戸内市長船町八日市を結ぶ一般県道である。

概要

路線データ

沿革

  • 1960年3月18日 - 岡山県告示第335号により認定される。
  • 1972年 - 岡山県の県道番号再編(固定番号制導入)により現行の路線番号に変更される。
  • 2004年11月1日 - 邑久郡の全3町(牛窓邑久・長船各町)が対等合併して瀬戸内市が発足したことに伴い起終点の地名表記が変更される。

路線状況

重用区間

  • 岡山県道69号西大寺備前線(瀬戸内市長船町土師 - 瀬戸内市長船町服部・服部交差点)
  • 岡山県道464号服部射越線(瀬戸内市長船町服部・服部交差点 - 瀬戸内市長船町八日市間)[1]

地理

通過する自治体

接続道路

  • 岡山県道83号飯井宿線(瀬戸内市長船町福里・国府小学校前交差点〔起点〕)
  • 岡山県道69号西大寺備前線(瀬戸内市長船町土師〔はじ〕)
  • 岡山県道69号西大寺備前線(瀬戸内市長船町服部・服部交差点)
  • 岡山県道464号服部射越線(瀬戸内市長船町八日市)
  • 国道2号(国道250号重用、瀬戸内市長船町八日市〔終点〕)

施設

自然景観

脚注

  1. 岡山県道464号服部射越線の起点は岡山県発行の資料によると瀬戸内市長船町八日市となっており、重用関係は生じていない可能性がある。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.