岡並木

岡 並木(おか なみき、1926年3月19日 - 2002年12月7日)は、日本のジャーナリスト交通及び比較都市論を専門とする評論家

東京都出身。1952年に東京大学文学部社会学科卒業後、朝日新聞社入社[1]編集委員などをつとめる。1985年の退社後は、西武百貨店顧問[2]。のち静岡県立大学国際関係学部教授を経て、武蔵野女子大学文学部教授。

父親は、大正から昭和初頭に、民族・民俗学考古学の専門書、山岳書を出版した「岡書院」店主の岡茂雄。叔父は民族学者の岡正雄。従兄弟(正雄の息子)に文化人類学者の岡千曲

受賞

  • 1987年度 運輸大臣交通文化賞
  • 新評賞(第1回)「自動車は永遠の乗物か」
  • 交通図書賞「新しい交通」
  • 国際交通安全学会賞「都市と交通」

著書

  • 『自動車は永遠の乗物か 新都市交通システム論』ダイヤモンド社 1973
  • 『くらしと交通』朝日イブニングニュース社 1976
  • 『新しい交通 都市化時代の交通』りくえつ 1979
  • 『都市と交通』岩波新書、1981年
  • 『陸の交通とくらし』PHP研究所 産業のこころシリーズ 1983
  • 『これからのクルマと都市の関係 スーパー・エッセイ/僕の交通シンポジウム』ダイヤモンド社出版研究所 1985
  • 『舗装と下水道の文化』論創社、1986年
  • 『駅再発見の旅』NTT出版、1992年
  • 『岡並木教授の「右脳」フォーラム』ダイヤモンド社出版研究所、1992年
  • 『江戸・パリ・ロンドン 比較都市論の旅』論創社、1994年
  • 『本音が求める交通環境 交通担当編集委員の眼』勁草書房 1997
  • 『甦える「都市のスリッパ」 公共レンタカーの挫折と復活』モビリティ文化出版 1997

共編著・監修

  • 『ショッピング・モール たのしく歩ける街づくり』監修 地域科学研究会 1980
  • 『街を内包する駅・空港 付加価値を求められる時代に向けて』編著 地域科学研究会 1992
  • 『移動制約者の交通環境整備 バリアフリー・交通安全の計画と実践』監修 地域科学研究会 1997
  • 『中心市街地の再生と交通計画』監修 地域科学研究会 1997
  • 『新・ふるさとバス白書 未来志向の暮らしの交通』山本雄二郎,福留久大共監修 ふるさとバス白書検討委員会編著 技報堂出版 1998
  • 『自転車の役割とマネジメント』監修 地域科学研究会 1998
  • 『都市再生 交通学からの解答』家田仁共編著 国際交通安全学会・都市と交通研究グループ著 学芸出版社 2002
翻訳
  • S.ブライネス, W.J.ディーン『歩行者革命』監訳 鹿島出版会 SD選書 1977

関連記事

参考文献

脚注

  1. 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. 日外アソシエーツ現代人物情報より
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.