山田村 (富山県婦負郡)

やまだむら
山田村
山田村旗
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
富山市、大山町大沢野町婦中町八尾町山田村細入村富山市
現在の自治体 富山市
廃止時点のデータ
日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
婦負郡
市町村コード 16363-5
面積 40.92km2
総人口 2,037
(国勢調査人口、2000年10月1日)
隣接自治体 砺波市南砺市婦中町八尾町
村の木 カツラ
村の花 雪つばき
山田村役場
所在地 930-2198
富山県婦負郡山田村湯780番地
外部リンク 山田村インターネットアーカイブ
座標 北緯36度34分45秒
東経137度4分46秒
特記事項 山田村役場は富山市山田総合行政センターとなった。
ウィキプロジェクト

山田村(やまだむら)は、富山県の中部の婦負郡に存在したである。

2005年4月1日に、富山市大山町大沢野町婦中町八尾町細入村合併し、富山市となった。

家庭におけるパーソナルコンピュータ及びインターネットの普及率が日本一であり、「電脳村」と呼ばれた。

地理

多くの集落と耕地は山田川両岸の丘陵地に形成されているが、和田川や赤江川沿いにも集落がある。丘陵地は棚田が発達し里山らしい美田風景が見られる。村の総面積の73%が森林で、アカガシやブナなどの自然林も多い。

村内にある牛岳は古来より自然信仰の対象となった霊峰であり、村内集落各地に牛嶽社が立地している。

村南部にある高清水、数納、深道、若狭などの各集落が昭和後期以降相次いで廃村になるなど過疎化が進んでいる地域もあり、その対策として牛岳温泉スキー場など観光整備を進めている。

山田温泉は1300年前の開湯と伝えられる古湯で大昔より湯治客を集めてきた。

  • 山:牛岳、御鷹山
  • 河川:和田川山田川、赤江川、湯谷川、鍋谷川

歴史

行政

歴代村長

歴代村長[1]
氏名就任年月日退任年月日備考
1 淺名源治1889年5月1890年3月20日
2 1890年7月18日1893年6月8日
3 納村元次郎1893年6月13日1896年1月21日
4 津田武雄1896年6月25日1897年5月20日
5 二口八三郎1897年5月21日1898年6月13日
6 五十嵐誠意1898年9月10日1899年4月
7 池口篤美1899年6月13日1903年6月12日
8 村上安平1903年8月23日1904年11月19日
9 土井伊次郎1904年12月12日1906年12月12日
10 鎌田源左衛門1906年12月28日1907年10月31日
11 五箇伊佐1907年12月8日1910年4月11日
12 1910年4月15日1911年11月1日
- 矢合弥一1911年11月4日1911年11月9日村長事務管掌
13 千澤紋十郎1911年11月10日1913年11月15日
14 若杉亀次郎1913年11月28日1915年2月3日
15 湯本義治1915年4月9日1916年3月29日
16 古藤三右衛門1916年5月2日1917年8月26日
17 谷井傅次郎1917年9月22日1921年3月14日
18 田中松治1921年3月23日1925年3月22日
19 1925年3月23日1929年3月22日
20 1929年3月23日1930年3月12日
21 千澤義明1930年5月3日1932年4月11日
22 1932年5月10日1934年12月15日
23 谷井傅二1934年12月20日1937年4月13日
24 石崎成貞1937年6月12日1940年1月11日
25 今井信行1940年1月13日1944年1月12日
26 毛利傅三郎1944年1月13日1946年3月9日
27 山崎安右衛門1946年3月23日1947年4月4日
28 大松政雄1947年4月5日1951年4月4日
- 關一雄1951年4月5日1951年4月22日村長職務代理
29 山田尚幸1951年4月23日1955年4月21日
- 上山文治1955年4月22日1955年4月29日村長職務代理
30 関一雄1955年4月30日1958年11月22日
- 谷川清松1958年11月23日1958年12月17日村長職務代理
31 浅名源重1958年12月18日1962年12月17日
32 1962年12月18日1966年12月17日
33 1966年12月18日1970年12月17日
34 1970年12月18日1974年12月17日
35 1974年12月18日1978年12月17日
36 1978年12月18日1982年12月17日
37 1982年12月18日1986年
38 1986年1990年
39 山崎吉一1990年12月1994年12月
40 1994年12月1998年12月17日
41 1998年12月18日2002年12月
42 2002年12月2005年3月31日

姉妹都市・提携都市

国内

地域

教育

  • 山田村立山田中学校(現・富山市立山田中学校)
  • 山田村立山田小学校(現・富山市立山田小学校)

交通

道路

路線バス

  • 富山地方鉄道(21系統)
  • 山田村営コミュニティバス(現・山田コミュニティバス)
    • 八尾線
    • 清水線
    • 谷線
    • スキー場線(冬季運行)

かつては婦南交通1969年路線廃止[2])や加越能鉄道1973年路線廃止[3])、クレハ観光バスも村内で路線を運行していたが、既に撤退している。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

特産

出身有名人

  • 田中珠美(バイアスロン選手)

脚注

  1. 『山田村史 上巻』843-848頁。
  2. 『山田村史 上巻』508頁。
  3. 『山田村史 上巻』509頁。

参考文献

  • 山田村史編纂委員会編 『山田村史 上巻』 山田村役場、1984年。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.