山根幸夫

山根 幸夫(やまね ゆきお、1921年8月21日 - 2005年6月24日)は、日本の東洋史学者。専門は代史および中国近現代史。

経歴

兵庫県出身。1941年4月東京帝国大学文学部東洋史学科入学。同期の神田信夫(専門は代史)とは後に共著を出版。1942年10月から1945年9月まで肺結核のため休学、1947年9月東京帝国大学卒業。同年10月東京大学大学院特別研究生(文部省給費)。1952年4月東洋大学文学部講師、1953年同助教授。1958年東京女子大学文学部助教授、1961年同教授となり、1990年3月同定年退職、同年東京女子大学名誉教授東洋文庫を拠点に明代史研究会を組織、1974年より『明代史研究』を独力・手書きでほぼ年刊で刊行。東洋史を中心とした日中学術交流にも尽力する。東京大学、早稲田大学明治大学など多くの大学で非常勤講師担当。

主な著書

単著

その他多くの文献資料目録を編纂

共編著

  • 山根幸夫編 中国史研究入門 山川出版社 1991
  • 山根幸夫 [ほか] 編 近代日中関係史研究入門 研文出版 1992

参考文献

  • 山根幸夫『中国研究に生きて 第三』(汲古書院)略年譜
  • 『汲古』48号(汲古書院 2005年12月)小特集山根幸夫先生追悼号・山根幸夫先生追悼文集(柳田節子ら45人の追悼文集)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.