山本清渓

山本 清渓(やまもと せいけい、宝暦4年(1754年) - 文政6年9月14日1823年10月17日))は、江戸時代中期の国学者。名は正臣、字は欽若、清渓と号する。代々、大炊御門家に仕える家柄であった。従四位下に叙され近江守に任ぜらる。

画・初代広重の写生帖より

概略

京都に生まれる。幼い頃から学問にこころざし、歴代の制度に詳しく、和歌を善くする。巖垣龍渓の門に学び香川景柄と親交があった。晩年は江戸に住み、文政6年(1823年)9月14日に没する。享年70。下谷蓮華寺豊島区駒込に移転)に葬られた。

著書・編著

  • 『源語図鈔』12巻
  • 『三十六歌仙図鈔』
  • 『清渓遺稿』6巻
  • 『清渓集』4巻
  • 『制度通補遺』20巻
  • 『摂家次第』
  • 『増補元明史略』4巻
  • 『八省考』
  • 『百官職掌便覧』2巻

参考文献

  • 関隆治編『国学者著述総覧』(森北書店、1943年)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.