山口県道8号徳山光線

山口県道8号徳山光線(やまぐちけんどう8ごう とくやまひかりせん)は、山口県周南市から光市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
山口県道8号 徳山光線
主要地方道 徳山光線
起点 周南市中須北【地図
終点 光市浅江2丁目【地図
接続する
主な道路
(記法)
国道434号
国道376号
国道2号
山陽自動車道
国道188号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路

概要

山口県周南市中須北(なかずきた)の国道434号交点から山陽自動車道 熊毛ICに接続し、光市浅江2丁目の国道188号交点を結ぶ。

路線データ

歴史

1958年昭和33年)に一般県道として認定された当時は山口県道光都濃線で、その名称のまま1965年(昭和40年)に主要地方道に昇格したが、その後終点の都濃郡都濃町徳山市(現:周南市)へ編入(1966年(昭和41年)1月1日)されたため、1972年(昭和47年)から現在の路線名称に変更された。

年表

路線状況

重複区間

地理

通過する自治体

交差する道路

沿線にある施設など

沿線の自然

脚注

  1. s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.