山内敏正

山内 敏正(やまうち としまさ、1967年 - )は、東京大学大学院大学院医学系研究科 内科学専攻生体防御腫瘍内科学講座教授[1]。専門は糖尿病学、代謝学。アディポネクチン受容体(AdipoR1及びAdipoR2)の研究[2]で知られる。

山内 敏正
生誕 1967年
日本京都府
居住 日本
国籍 日本
研究分野 内科学、糖尿病・代謝内科学、栄養病態学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
影響を
与えた人物
門脇孝
主な受賞歴 日本学術振興会賞(2010年)
ゴールド・メダル賞(2011年)
プロジェクト:人物伝

経歴

  • 1967年 - 京都府出身[3]
  • 1992年 - 東京大学医学部医学科卒業
  • 2003年 - 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科助教
  • 2004年 - 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科22世紀医療センター特任准教授
  • 2008年 - 順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター客員教授(兼任)
  • 2010年 - 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科講師
  • 2014年 - 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科准教授
  • 2018年 - 東京大学医学部附属病院生体防御腫瘍内科学代謝・栄養病態学教授

学会活動

日本内科学会(評議員)、日本糖尿病学会(事務局長,学術評議員)、日本内分泌学会(評議員)、日本臨床分子医学会(評議員)、日本病態栄養学会(評議員)、日本肥満学会(評議員)、日本肥満症治療学会(評議員)、国際スポートロジー学会(評議員)、日本体質医学会(評議員)[4]

論文に関する調査

2014年の大晦日から論文の告発をされるようになり[5][6]、国会でも何度か取り上げられたが[7][8][9]、調査の結果、いずれも不正は認められていない[10][11][12]

脚注

  1. 山内 敏正 (日本語). 東京大学. 2019年5月6日閲覧。
  2. “Erratum: corrigendum: Cloning of adiponectin receptors that mediate antidiabetic metabolic effects” (英語). Nature 431 (7012): 1123. (2004-10). doi:10.1038/nature03091. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/nature03091.
  3. 日本学術振興会賞|日本学術振興会”. www.jsps.go.jp. 2019年5月6日閲覧。
  4. 演者略歴一覧」『日本内科学会雑誌』第105巻Suppl、日本内科学会、2016年、 133a-144a、 doi:10.2169/naika.105.133a
  5. 記者会見でも決着つかぬJ-ADNI事件「不都合な真実」 旧帝大でまたも不正が発覚 集中 Medical Confidential 2015年2月 (8巻2号 pp.25-27) 2016年12月5日閲覧 http://www.fujisan.co.jp/product/1281690243/b/1194243/ http://www.fujisan.co.jp/library/viewer/1194244/sample
  6. 東大医学部で「STAP級」論文不正 税金が消えた「糖尿病研究」の暗部 選択 2016年10月号 2017年9月13日閲覧
  7. 第189回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号 衆議院 2015年5月19日 2016年12月6日閲覧
  8. 東京大学の研究不正の調査のあり方に関する質問主意書 参議院 2016年10月12日 2016年12月6日閲覧
  9. 参議院 厚生労働委員会 2016年10月25日 2016年12月7日閲覧
  10. http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_270731_01_j.html
  11. 記者会見「22報論文の研究不正の申立てに関する調査報告」の実施について 東京大学 2017年8月1日 2017年8月17日閲覧
  12. 22報論文に関する調査報告 東京大学 2018年3月17日閲覧

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.