山伏峠 (静岡県・山梨県)

山伏峠(やんぶしとうげ)は、静岡県静岡市葵区山梨県南巨摩郡早川町の境にある標高1,845 m. 大笹峠とも呼ばれる。

山伏峠
静岡県における山伏峠の位置

概要

赤石山脈(南アルプス)の白峰南嶺を越える、切り通し状の県境の峠である。奈良時代に開かれ、古来より甲斐国駿河国の交流路だった。現在は井川雨畑林道が通っており、自動車での通行が可能である。峠よりやや東方に、白根南嶺に属する山・山伏(標高2,013.7 m)があり、その山頂に向かう登山道が峠から通っている。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.