尾上菊五郎 (初代)

初代 尾上菊五郎(しょだい おのえ きくごろう、享保2年〈1717年〉 - 天明3年12月29日1784年1月21日〉)とは、江戸時代歌舞伎役者屋号音羽屋俳名梅幸。幼名は竹太郎。

しょだい おのえ きくごろう
初代 尾上菊五郎

『仮名手本忠臣蔵』の戸無瀬
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 
生年月日 1717年
没年月日 1784年1月21日
本名 竹太郎(幼名)
襲名歴 1. 初代尾上菊五郎
俳名 梅幸
出身地
音羽屋半平
当たり役
鳴神』の雲の絶間姫

仮名手本忠臣蔵』の大星由良助

来歴

京都都萬太夫座の芝居茶屋出方音羽屋半平の子。初め若女形尾上左門の門下となり、尾上竹太郎と名乗る。享保15年(1730年)京都榊山四郎太郎座で尾上菊五郎を名乗り若衆方として初舞台。享保20年(1735年)からは若女形として舞台に立ち評判を取る。

その後寛保元年(1741年)、大坂で二代目市川海老蔵と同座し、翌年の寛保2年には、『鳴神』で海老蔵演じる鳴神上人を相手に雲の絶間姫を演じて大評判を取る。これをきっかけに同年海老蔵と共に江戸に下り、市村座に出て女形として売り出した。その後宝暦2年(1752年)立役に転じる。しかし明和3年(1766年)、江戸堺町で営んでいた油屋からの出火により隣接する中村座市村座の両座を焼失、これが「菊五郎油見世火事」といわれるほど反発を買い、帰坂せざるを得なくなった。その後は四年を経てふたたび江戸に下り大当りを取り、三都の舞台で活躍し、最後は大坂で没した。

当り役は『仮名手本忠臣蔵』の大星由良助、『ひらかな盛衰記』の延寿・畠山重忠など。子に二代目尾上菊五郎がいる。

参考文献

  • 『尾上菊五郎一代狂言記』〈『新群書類従』第三 演劇其三〉 国書刊行会、1976年(復刻版) ※『梅幸集』付録
  • 野島寿三郎編 『歌舞伎人名事典』(新訂増補) 日外アソシエーツ、2002年

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.