尺骨神経

尺骨神経(しゃっこつしんけい)は、人体解剖学における尺骨の傍を走る神経組織である。この尺骨神経は人体において、神経の中でも骨や筋肉などに守られていない最も大きな神経であるため、事故などにより損傷を受けやすい部分でもある。

神経: 尺骨神経
Nerves of the left upper extremity
ラテン語 nervus ulnaris
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
背側指神経
総掌側指神経
固有掌側指神経
MeSH Ulnar+nerve

人体解剖学的には、脊髄神経から分岐し上腕・前腕・手へ繋がる腕神経叢に由来する橈骨神経正中神経と並ぶやや径の大きな神経である。解剖学的正位に位置し、上腕部においては、上腕部尺骨神経溝、前腕部においては、尺骨に沿って内側を走行する。背側指神経総掌側指神経固有掌側指神経に分枝する。

支配筋

尺骨神経麻痺

尺骨神経が麻痺し、手のしびれや筋力低下が生じ、細かい指の動きが鈍くなる病気。[1]

原因としては手関節部の損傷、肘部管症候群、ギヨン管症候群、尺骨神経管症候群、外果骨折、脱臼、睡眠中の圧迫、末梢神経性筋萎縮などが挙げられる。

症状としては鷲手フローマン徴候陽性。小指球筋萎縮、骨間筋萎縮、中・末節屈曲位、指内外転不能などの運動麻痺。手掌手背尺側半の皮膚の知覚異常。

治療穴は小海穴支正穴少海穴神門穴がある。

参考文献

関連項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.