小美人

小美人(しょうびじん)は、日本の空想小説『発光妖精とモスラ』及びそれを原作とした特撮映画『モスラ』(1961年、東宝)にて登場する架空の妖精。その後の平成「モスラ」、「ゴジラ」シリーズなどにも登場している。

『モスラ』(1961年)の小美人

1992年の『ゴジラvsモスラ』ではコスモス、平成モスラシリーズではエリアスという種族名がつけられている。

登場作品

映画の公開順に挙げる。

  1. モスラ』(1961年)
  2. モスラ対ゴジラ』(1964年)
  3. 三大怪獣 地球最大の決戦』(1964年)
  4. ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1967年)
  5. ゴジラvsモスラ』(1992年)
  6. ゴジラvsスペースゴジラ』(1994年)
  7. モスラ』(1996年)
  8. モスラ2 海底の大決戦』(1997年)
  9. モスラ3 キングギドラ来襲』(1998年)
  10. ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年)[注釈 1]
  11. ゴジラ FINAL WARS』(2004年)

その他パチンコ『CRゴジラ3・4』にも登場している。

原作小説「発光妖精とモスラ」

インファント島の創世神話によると男神アジマと女神アジゴの間にモスラが生まれ、その卵に自らを四つに分けて捧げたアジゴから4人の「アイレナ」が生まれた。アイレナの背丈は人間の半分もないと伝えられ、光り輝くため、タイトルの「発光妖精」の由来となった。

大筋は映画化された『モスラ』と同じだが、ラストでモスラの複眼に乗ってアンドロメダ星雲の彼方の反世界へ旅立つ。この小説のアイレナの発光やモスラの国会議事堂での羽化、モスラの宇宙への旅立ちといった描写は『ゴジラvsモスラ』の参考にされている。

初代および「ゴジラ」シリーズ

『モスラ』および昭和ゴジラシリーズ

諸元
小美人
身長30cm[1][2][3][4]
出身地インファント島[3][4]

インファント島に、人間が誕生する以前の時代から住んでいる身長約30センチメートルの双子の妖精[3]。巨大な蛾「モスラ」を守護神としてあがめ、巫女として仕えている。「小美人」は新聞記者の福田善一郎が「若い女はみんな美人だから」名づけたもの[2][3]。人間には電子音楽のように聞こえる言葉を母語として話す。「モスラの歌」などはインファント島原住民の言葉である。

テレパシー日本語を習得するほか[5]、モスラ、ゴジララドンなど怪獣や人間の意思がわかりモスラを呼び寄せることができる。このテレパシーは遮断装置でさえぎることができる。最初はネルソンに拉致されて見世物にされるが、ある程度は馴染んだようでありその後もテレビ番組に出演したり国会で答弁したりする。予知については、高度ではないものの片鱗はあるようだ(『地球最大の決戦』では予言者の的中した予言を「何となく分かる」と言っている)。

『モスラ』
興行師ネルソンによって拉致され、見世物とされる[5]
『モスラ対ゴジラ』
日本に漂着したモスラの卵を追って来日する[6]
『三大怪獣 地球最大の決戦』
日本のテレビ局からのオファーを快く受け、モスラに会いたいという子供たちの願いを叶えるため、テレビ番組に出演している。そのまま島に帰るはずだったが、金星人=サルノの予言を信じて密かに日本に残留する。キングギドラの襲来を受け、モスラを再び日本に呼び寄せる。
モスラや怪獣の言葉をテレパシーを通じて解読できるため、モスラとゴジラ・ラドンの会談の内容を通訳した。
『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』
レッチ島に拉致された島民たちを救うため、インファント島でモスラを目覚めさせようと祈りの歌を捧げていた。
  • 1サイズの人形が作られ、合成の際などの目安に使われた[7][8]。演者はブルーバックでの合成のほか、ラージスケールのセットでも撮影を行っている[7][9]
  • 演じたザ・ピーナッツは俳優ではなく歌手だが、監督の本多猪四郎は「大変素直で演出しやすかった」と述懐している。
  • 当初、小美人は巨人にする案もあったという[10]
  • 『モスラ』の脚本第1稿では原作に準じていたが、第2稿で2人となり、発光する設定もなくなった[3]
  • ザ・ピーナッツが歌い、後々の作品にも歌い継がれている「モスラの歌」は、本多らが日本語で作詞し、当時、海商に所属していた大槻秀樹に依頼してインドネシア語に訳したもの。大意はモスラの加護を乞い、平和を祈る内容である。
  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』での衣裳は、映画『緑の館』でのオードリー・ヘップバーンを彷彿とさせるものとなっている[11]
  • 書籍『ゴジラVSモスラ超全集』では、外見やインファント島の位置関係などの違いから、『南海の大決闘』での小美人をそれ以前の作品のものとは別人と解釈している[12]

『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』

諸元
小美人
身長21cm[13]

43年前に中條信一ら人間の前に現われた小美人の同族。それぞれに「ヒオ」(演:大塚ちひろ)と「マナ」(演:長澤まさみ)という名前がある。かつて小美人を救った信一を信用して、機龍(厳密にはゴジラの骨)を破棄するよう警告に来た。その見返りとしてゴジラはモスラが戦うことを約束する。2人が一緒に念じることで、プラモデル程度の物体を浮遊させる念力を使うことができる。なお、右に腕輪をしているのがヒオで、左に腕輪をしているのがマナ。

『ゴジラ FINAL WARS』

インファント島に住むモスラの小美人。ガイガンのミイラを調査する尾崎達の前に姿を現し、1万2000年前のガイガン襲来を教え、X星人の血を受け継ぐ尾崎にインファント島のお守りを渡す。

  • 演じている俳優は同じだが、前作の小美人とは別人。

コスモス

諸元
コスモス
COSMOS[14][15][2]
身長18cm[14][15][2][16][17]
出身地インファント島[17]

平成ゴジラVSシリーズに登場。

かつて太古の時代に地球を支配していた先住民族の生き残りである、身長18センチほどの2人の小美人。「コスモス」という名詞はこの2人だけでなく、太古の時代に地球を支配していた先住民族の総称である。

モスラが力を出す際に共感して体が金色に輝くこともある[14]。また、モスラの元へ戻る際には空中に浮遊する。コスモス一族衰退の歴史やバトラのことを人類に教える。

『ゴジラvsモスラ』
インファント島にやって来た拓也達を信じ、現代人類へ地球環境に対する警告を発するため日本へ向かうが、丸友の手に落ち、「モスラの歌」でモスラを呼び寄せる。雅子達に保護され、モスラがゴジラに勝利した後、バトラとの約束を果たすためモスラと共に宇宙へ旅立つ。
『ゴジラvsスペースゴジラ』
地球の先住民族の生き残り。かつて地球に迫る大隕石の軌道を変えるためにモスラと共に宇宙へ旅立った小美人で、スペースゴジラの襲来をフェアリーモスラを通して未希に伝える。
  • 撮影はブルーバックが主で、シリーズで初めてハイビジョン合成が用いられた[18][19]。『VSスペースゴジラ』でも同様の手法で撮影された[20]

エリアス

諸元
エリアス
身長12cm[21]
出身地インファント島[21]

平成モスラシリーズに登場。基本設定は初代および「ゴジラ」シリーズとほとんど同じであるが、こちらは双子ではなく明確な年齢差のある姉妹である。

恐竜が滅んだ頃にはすでに繁栄していたエリアスという種族の姉妹で、身長は約12センチメートル。それぞれモルロラという名前がある。姉モルは人間にして18歳、妹ロラは人間にして16歳。フェアリーモスラに乗って移動する。彼女たちは数十年で人間の1歳分しか年をとらない種族であるため、きわめて長寿である。

従来の小美人たちが台詞はユニゾンで衣装は揃いであったりと没個性的であったのに対し、このエリアス姉妹は非常に個性的で、感情を露わにしたり2人が意思を違えたりといった、かなり人間的な演出もされており、衣装も差別化されている。性格については、モルは冷静沈着で大人びているが、ロラは心優しく快活で感情が表に出やすく、人間(特に子供)ともフランクに会話する。

念動力や小型の光線を用いることもできるほか、作中ではエリアスの一族が遺した数々のアイテムが重要な役割を果たしており、デスギドラを封印していた「エリアスの盾」や奇跡の力を授けるという「エリアストライアングル」の愛・知恵・勇気のメダル、それらをはめ込む宝剣などの多彩な小道具が存在する。

ー方、ガルガルに乗っているベルベラは姉にあたるが、人類を地球の細胞と蔑んで忌み嫌っているため、地球の守護者がゆえの苦悩の末にモルやロラと敵対するに至る。

作中では、『モスラ3』において中生代の祖先と思われる3つの発光体(エリアスの精霊)が3頭の原始モスラを伴い、出現している。

モル
エリアス3姉妹の次女。美しい容姿を持つが内面には勇気と決断力を併せ持つ。人間の年齢で18歳[21]
『2』では衣装は緑を基調としたものになっている。ロラと共同でベーレムを取り除くための攻撃呪文を使用できる。
『3』では、モスラをタイムスリップさせるために自らの命を犠牲にしたが、エリアスの剣の力で息を吹き返した。衣装は1作目と同様に赤を基調としているが、装飾品が多く付いている。物語の最後にフェアリーに乗る際、初めてロラの後ろに座っている。
  • 『3』のクリスタル化したモルはCGで処理され、撮影現場ではダミー人形を用いている[22]
ロラ
エリアス3姉妹の三女。モルより精神的に幼く、甘えん坊な部分がある。人間の年齢で16歳[21]
『2』では、衣装は橙色を基調としたものになっている。ベルベラとの対立はもう嫌だと語っている。
『3』では、優しい心を持つゆえ、キングギドラに心をのっとられ、モルの首を絞めて殺そうとし、キングギドラのドームに落下。そこで鉢合わせしたベルベラに剣で戦いを挑み、ベルベラを圧倒する。翔太の言葉を受けて正気を取り戻し、モスラを助けるべく行動に出る。
  • 『3』では、物語の最後には平和になった世界で美しく聡明に成長し、エリアス一族のリーダーになった大人のロラを描く予定だったが、山口紗弥加の降板などで企画が大幅に変わったため、実現しなかった。衣装は1作目と同様に青を基調としているが、装飾品が多く付いている。
ベルベラ
エリアス3姉妹の長女。いかにしてモル・ロラと対立に至ったかは不明だが、人間を憎んでいる。人間の年齢で21歳[21]
一見するとシニカルな性格をしているが、姉妹としての感情や内に秘めた優しさを持っており、時にモルやロラ、そして人間を救うこともある。また、『モスラ』(1996年版)や『モスラ2』では敵側の怪獣であるデスギドラやダガーラを利用していたのに対し、『モスラ3』ではキングギドラが地球自体を滅亡させるつもりでいたため、「平成モスラ三部作」で唯ー、モルとロラに力を貸して終盤には自らロラとともに戦ったりもする。
『2』では、衣装は前作より派手になっている。小谷と長瀬を脅迫し、ニライカナイの秘宝を手に入れようとする。
『3』キングギドラのドームに捕まり、そこでギドラに心を操られたロラと剣で対決するが、完敗して壊れたガルガルIIIの下に拘束された。ドームから解放された後は、ロラと共にキングギドラと戦う。最終的に姉妹の絆を取り戻すが、モル・ロラに「考えていることが違う」と憎まれ口を叩くも、2人に笑顔を向けてガルガルに乗って去っていく。
  • 演技はほとんどグリーンバックで行うため、衣裳は緑以外の合成に配慮したデザインとなっている[23]
  • 『2』の監督である三好邦夫は、エリアスを傍観者にしないため、姉妹の葛藤を描くことで意思を強調し、人間と積極的に関わらせることを意図したという[24]

演じた女優

その他

2001年の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』では、モスラの設定自体が従来のものと大きく異なる(鹿児島県の池田湖に眠るヤマトの護国聖獣「最珠羅」として登場する)ことから小美人は登場しないが、モスラが飛翔する姿を見送る姉妹(前田愛前田亜季)の姿が小美人を連想させる。

2019年の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では、考古人類学者のアイリーン・チェンとリン・チェン(いずれもチャン・ツィイー)が小美人をオマージュしたキャラクターとして登場するが、監督のマイケル・ドハティがインタビューで明かしたところによれば、「双子だということに気づいた人は実は多くなかった」という[35]

脚注

注釈

  1. 劇中で『モスラ』(1961年公開)の小美人の映像が使われている。
  2. 二人は『ゴジラvsメカゴジラ』では、違う役柄で出演している。
  3. 前作『東京SOS』とは別人の設定。

出典

  1. 怪獣大全集 1991, p. 68, 「東宝モンスター名鑑」
  2. ゴジラ1954-1999超全集 2000, p. 197, 「怪獣たちの棲む島々」
  3. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 56, 「『モスラ』怪獣図鑑/資料館」
  4. 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 27, 「モスラ」
  5. 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 26, 「モスラ」
  6. 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 34, 「モスラ対ゴジラ」
  7. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 81, 「『モスラ対ゴジラ』撮影秘話」
  8. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 113, 「『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』撮影秘話」
  9. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 89, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』撮影秘話」
  10. 筑摩書房版『発光妖精とモスラ』 ISBN 4-480-80329-7 所載「あとがき」より
  11. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 87, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』作品解説/俳優名鑑」
  12. VSモスラ超全集 1992, pp. 52-55, 「インファント島大研究」
  13. GMMG超全集 2004, p. 9, 「キャラクター図鑑 小美人」
  14. VSモスラ超全集 1992, p. 15, 「ゴジラVSモスラキャラクター図鑑 コスモス」
  15. VSスペースゴジラ超全集 1994, p. 33, 「ゴジラVSスペースゴジラキャラクター図鑑 コスモス」
  16. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 234, 「『ゴジラvsモスラ』怪獣図鑑」
  17. 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, p. 83, 「ゴジラVSモスラ」
  18. VSモスラ超全集 1992, p. 71, 「ゴジラVSモスラの特撮 合成」
  19. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 235, 「『ゴジラvsモスラ』撮影秘話/川北監督に訊く」
  20. VSスペースゴジラ超全集 1994, p. 86, 「ゴジラVSスペースゴジラのできるまで 本編班の撮影」
  21. 東宝特撮全怪獣図鑑 2014, pp. 98-99, 「モスラ」
  22. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 263, 「『モスラ3 キングギドラ来襲』撮影秘話」
  23. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 255, 「『モスラ』(1996年版)撮影秘話」
  24. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 259, 「『モスラ2 海底の大決戦』撮影秘話」
  25. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 55, 「『モスラ』作品解説/俳優名鑑」
  26. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 79, 「『モスラ対ゴジラ』作品解説/俳優名鑑」
  27. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 111, 「『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』作品解説/俳優名鑑」
  28. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 233, 「『ゴジラvsモスラ』作品解説/俳優名鑑」
  29. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 245, 「『ゴジラvsスペースゴジラ』作品解説/俳優名鑑」
  30. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 261, 「『モスラ3 キングギドラ来襲』作品解説/俳優名鑑」
  31. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 253, 「『モスラ』(1996年版)作品解説/俳優名鑑」
  32. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 257, 「『モスラ2 海底の大決戦』作品解説/俳優名鑑」
  33. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 281, 「『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』作品解説/俳優名鑑」
  34. 東宝特撮映画大全集 2012, p. 285, 「『ゴジラ FINAL WARS』作品解説/俳優名鑑」
  35. “『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』マイケル・ドハティ監督インタビュー:ネタバレ全開で本編の疑問を一問一答!”. IGN (産経デジタル). (2019年6月8日). https://jp.ign.com/godzilla-2/36048/interview/ 2021年3月4日閲覧。

参考文献

  • 『ゴジラvsキングギドラ 怪獣大全集』構成・執筆・編集:岩畠寿明、小野浩一郎(エープロダクション)、講談社〈講談社ヒットブックス20〉、1991年12月5日。ISBN 4-06-177720-3。
  • てれびくんデラックス愛蔵版(小学館
    • 『ゴジラVSモスラ超全集』構成 間宮尚彦、小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1992年12月10日。ISBN 978-4-09-101433-7。
    • 『ゴジラVSスペースゴジラ超全集』構成 間宮尚彦、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、1994年12月20日。ISBN 978-4-09-101444-3。
    • 『モスラ超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1996年12月20日、18頁。ISBN 4-09-101456-9。
    • 『モスラ2 海底の大決戦超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1998年1月10日、16頁。ISBN 4-09-101456-9。
    • 『モスラ3 キングギドラ来襲超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年1月10日、16-17頁。ISBN 4-09-101461-5。
    • 『ゴジラ1954-1999超全集』構成・執筆 間宮“TAKI”尚彦、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2000年1月1日。ISBN 4-09-101470-4。
    • 『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS超全集』構成 間宮“TAKI”尚彦、小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2004年1月1日。ISBN 978-4-09-101493-1。
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2。
  • 『東宝特撮全怪獣図鑑』東宝 協力、小学館、2014年7月28日。ISBN 978-4-09-682090-2。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.