小田豊 (歯学者)

小田 豊(おだ ゆたか)は日本歯学者工学者東京歯科大学名誉教授、元東京歯科大学歯科理工学講座教授[1][2]。元日本歯科理工学会会長、元国際歯科研究学会日本部会)会長[1]

小田豊
居住 日本
研究分野 歯科理工学
研究機関 東京歯科大学
出身校 富山大学
主な受賞歴 日本歯科理工学会学会賞
プロジェクト:人物伝

経歴

1971年富山大学文理学部理学科(物理学専攻)卒業[1]。以後、富山県立魚津高等学校講師、東京歯科大学助手、講師、助教授を経て1997年東京歯科大学歯科理工学講座主任教授に就任、2014年名誉教授となる。

1984年 東京歯科大学 歯学博士 論文の題は「粉末冶金法による歯科修復物作製に関する研究 : 焼結チタニウム合金の応用について」[3]

著書

  • 『新編 歯科理工学』小田豊、学建書院、2000年3月、第3版。ISBN 4762405620。NCID BA47001485
  • 『チタンの歯科技工Part2 チタン臨床応用の拡大2002』濱中人士宮崎隆、小田豊、仁科匡生クインテッセンス出版 QDT別冊〉、2002年3月10日。ISBN 4874177174。NCID BA89542437
  • 小田豊 他『接着歯学 Minimal Interventionを求めて』日本接着歯学会、医歯薬出版、2002年4月20日。ISBN 978-4-263-44135-0。NCID BA56863628
  • 『臨床歯科理工学』宮﨑隆中嶌裕河合達志、小田豊、医歯薬出版、2006年5月25日。ISBN 978-4-263-45596-8。NCID BA77312826
  • 『新編 歯科理工学』小田豊、学建書院、2007年4月1日、第4版。ISBN 9784762415623。NCID BA81479858
  • 小田豊「第3章 全部被覆冠 4.ファイバーポスト(1)材料学的考察」『失活歯のリコンストラクション』福島俊士医歯薬出版〈隔月刊「補綴臨床」別冊〉、2007年5月25日。NCID BA82633002
  • 『コア歯科理工学』小倉英夫髙橋英和宮﨑隆、小田豊、楳本貢三小園凱夫医歯薬出版、2008年3月25日。ISBN 978-4-263-45614-9。NCID BA8555872X
  • 小田豊 他『I-TFCシステムの臨床 新しい接着支台築造の提案』眞坂信夫諸星裕夫ヒョーロン・パブリッシャーズ、2009年2月28日。ISBN 9784930881908。NCID BA89542437
  • 『新編 歯科理工学』小田豊、学建書院、2012年10月1日、第5版。ISBN 9784762425622。NCID BB10350076
  • 小田豊 他『マテリアル選択・操作のハテナに答える 臨床技工材料学の本』中込敏夫伴清治医歯薬出版〈月刊「歯科技工」別冊〉、2012年12月20日。NCID BB11388416


所属団体

脚注

  1. 東京歯科大学広報265号”. 東京歯科大学. 2015年2月8日閲覧。
  2. 小田 豊”. 科学技術振興機構. 2015年2月8日閲覧。
  3. 博士論文書誌データベースによる
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.