小林道夫 (哲学者)

小林 道夫(こばやし みちお、1945年10月19日 - 2015年6月2日)は、日本哲学者西洋近世哲学科学哲学)。学位Doctorat de troisième cycleパリ大学1979年)。京都大学名誉教授日本学士院会員

こばやし みちお
小林 道夫
日本学士院により
公表された肖像写真
生誕 1945年10月19日
死没 (2015-06-02) 2015年6月2日(69歳没)
居住 日本
フランス
国籍 日本
研究分野 哲学
研究機関 大阪市立大学
京都大学
龍谷大学
出身校 京都大学文学部卒業
京都大学大学院文学研究科
博士課程単位取得退学
パリ大学大学院哲学研究科博士課程修了
主な業績 デカルト哲学の形成から
認識論形而上学自然学
道徳論を体系的に研究
主な受賞歴 和辻哲郎文化賞
学術部門(2000年
日本学士院賞2001年
毎日出版文化賞2008年
プロジェクト:人物伝

大阪市立大学文学部教授京都大学大学院文学研究科教授、龍谷大学文学部特任教授などを歴任した。

概要

デカルト自然科学の関係、科学哲学を専攻する哲学者である。1994年より日本科学哲学会理事。大阪市立大学教授京都大学教授を経て、京都大学名誉教授龍谷大学特任教授日本学士院会員。

略歴

  • 1969年 京都大学文学部哲学科卒
  • 1979年 フランスソルボンヌ大学博士号取得
  • 2004年 大阪市立大学教授を経て京都大学教授
  • 2008年 京大定年退任、名誉教授、龍谷大学教授
  • 2013年 日本学士院会員に選ばれる。
  • 2015年6月2日、肝不全のため死去[1][2]。69歳没。

賞歴

著書

  • La philosophie naturelle de Descartes, Vrin, 1993
  • 『デカルト哲学の体系―自然学・形而上学・道徳論』勁草書房、1995年
  • 『デカルトの自然哲学』岩波書店、1996年
  • 『科学哲学』産業図書、1996年
  • 『デカルト哲学とその射程』弘文堂、2000年、オンデマンド版2014年
  • 『デカルト入門』ちくま新書、2006年
  • 『科学の世界と心の哲学 心は科学で解明できるか』中公新書、2009年

共編著

  • La philosophie de Descartes et son intuitionnisme. In : RASHED Roshdi, PELLEGRIN Pierre, dir. Philosophie des mathématiques et théorie de la connaissance. L’Œuvre de Jules Vuillemin. – Paris : Albert Blanchard, 2005. – p. 311-328.
  • 『哲学の歴史』全12巻、内山勝利中川純男松永澄夫共編、中央公論新社 2007年 - 2008年。
    • 『哲学の歴史5 デカルト革命 17世紀』中央公論新社、2007年。責任編集
  • 『哲学を読む―考える愉しみのために』大浦康介富永茂樹共編、人文書院、2000年6月。ISBN 978-4409040478
  • 『フランス哲学・思想事典』坂部恵小林康夫・松永澄夫共編、弘文堂、1999年1月。ISBN 978-4335150432
  • 『デカルト読本』湯川佳一郎共編、法政大学出版局、1998年10月。ISBN 978-4588150302
  • 『科学の名著(第2期 7)』井上庄七共編、朝日出版社、1988年11月。ISBN 978-4255880303
  • 『自然観の展開と形而上学―西洋古代より現代まで』井上庄七共編、紀伊国屋書店、1988年4月。ISBN 978-4314005005
  • 『科学と哲学―論理・物理・心・言語』内井惣七共編、昭和堂、1988年10月。ISBN 978-4812288122

翻訳

脚注

  1. 京都大名誉教授の小林道夫さん死去”. 朝日新聞 (2015年6月7日). 2015年7月25日閲覧。
  2. 小林道夫氏が死去 京大名誉教授”. 日本経済新聞 (2015年6月7日). 2015年7月29日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.