小暑

現在広まっている定気法では太陽黄経が105のときで7月7日ごろ。ではそれが起こるだが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から13/24(約197.84日)後で7月7日ごろ。

小暑(しょうしょ)は、二十四節気の第11。六月節(旧暦5月後半から6月前半)。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大暑前日までである。

季節

梅雨明けが近付き、暑さが本格的になるころ。『暦便覧』には「大暑来れる前なればなり」と記されている。

が鳴き始める。

この日に至っても梅雨が入らない場合は「梅雨入り」の発表は特定できずとなる。それゆえに、四国地方北陸地方近畿地方などでは「梅雨入り特定せず(梅雨入りなし)」となることがある。


小暑あるいは大暑から立秋までの間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。小暑の終わりごろに夏の土用に入る。大暑は土用に含まれる。 なお、暑中見舞いの時期については諸説ある。終了時期(残暑見舞いに変わる時期)については、立秋で共通しているが、開始時期については小暑の他、夏の土用、梅雨明けを以てするとする説もある。立秋以降は残暑見舞いになる。

小寒と互いに半年後・半年前である。大寒大暑も同じ関係である。

全国高等学校野球選手権地方大会も小暑頃に開幕を迎える。

日付

定気法による小暑の瞬間(世界時)と、日本中国での小暑日の日付は表のとおり。日本における時刻はこの表の9時間後となる。 [1] [2]

日時 (UT)日本中国
1966年7月7日14:077月7日7月7日
1967年7月7日19:537月8日7月8日
1968年7月7日01:427月7日7月7日
1969年7月7日07:327月7日7月7日
1970年7月7日13:117月7日7月7日
1971年7月7日18:517月8日7月8日
1972年7月7日00:437月7日7月7日
1973年7月7日06:277月7日7月7日
1974年7月7日12:117月7日7月7日
1975年7月7日17:597月8日7月8日
1976年7月6日23:517月7日7月7日
1977年7月7日05:487月7日7月7日
1978年7月7日11:377月7日7月7日
1979年7月7日17:257月8日7月8日
1980年7月6日23:247月7日7月7日
1981年7月7日05:127月7日7月7日
1982年7月7日10:557月7日7月7日
1983年7月7日16:437月8日7月8日
1984年7月6日22:297月7日7月7日
1985年7月7日04:197月7日7月7日
1986年7月7日10:017月7日7月7日
1987年7月7日15:397月8日7月7日
1988年7月6日21:337月7日7月7日
1989年7月7日03:197月7日7月7日
1990年7月7日09:007月7日7月7日
1991年7月7日14:537月7日7月7日
1992年7月6日20:407月7日7月7日
1993年7月7日02:327月7日7月7日
1994年7月7日08:197月7日7月7日
1995年7月7日14:017月7日7月7日
1996年7月6日20:007月7日7月7日
1997年7月7日01:497月7日7月7日
1998年7月7日07:307月7日7月7日
1999年7月7日13:257月7日7月7日
2000年7月6日19:147月7日7月7日
2001年7月7日01:077月7日7月7日
2002年7月7日06:567月7日7月7日
2003年7月7日12:367月7日7月7日
2004年7月6日18:317月7日7月7日
2005年7月7日00:177月7日7月7日
2006年7月7日05:517月7日7月7日
2007年7月7日11:427月7日7月7日
2008年7月6日17:277月7日7月7日
2009年7月6日23:137月7日7月7日
2010年7月7日05:027月7日7月7日
2011年7月7日10:427月7日7月7日
2012年7月6日16:417月7日7月7日
2013年7月6日22:357月7日7月7日
2014年7月7日04:157月7日7月7日
2015年7月7日10:127月7日7月7日
2016年7月6日16:037月7日7月7日
2017年7月6日21:517月7日7月7日
2018年7月7日03:427月7日7月7日
2019年7月7日09:207月7日7月7日
2020年7月6日15:147月7日7月6日
2021年7月6日21:057月7日7月7日
2022年7月7日02:387月7日7月7日
2023年7月7日08:307月7日7月7日
2024年7月6日14:207月6日7月6日
2025年7月6日20:057月7日7月7日
2026年7月7日01:567月7日7月7日
2027年7月7日07:377月7日7月7日
2028年7月6日13:297月6日7月6日
2029年7月6日19:227月7日7月7日
2030年7月7日00:547月7日7月7日
2031年7月7日06:487月7日7月7日
2032年7月6日12:407月6日7月6日
2033年7月6日18:247月7日7月7日
2034年7月7日00:167月7日7月7日
2035年7月7日06:007月7日7月7日
2036年7月6日11:567月6日7月6日
2037年7月6日17:547月7日7月7日
2038年7月6日23:317月7日7月7日
2039年7月7日05:257月7日7月7日
2040年7月6日11:187月6日7月6日
2041年7月6日16:577月7日7月7日
2042年7月6日22:467月7日7月7日
2043年7月7日04:267月7日7月7日
2044年7月6日10:147月6日7月6日
2045年7月6日16:077月7日7月7日
2046年7月6日21:397月7日7月7日
2047年7月7日03:297月7日7月7日
2048年7月6日09:257月6日7月6日
2049年7月6日15:077月7日7月6日
2050年7月6日21:007月7日7月7日
2051年7月7日02:487月7日7月7日
2052年7月6日08:387月6日7月6日
2053年7月6日14:367月6日7月6日
2054年7月6日20:127月7日7月7日
2055年7月7日02:047月7日7月7日
2056年7月6日08:017月6日7月6日
2057年7月6日13:417月6日7月6日
2058年7月6日19:307月7日7月7日
2059年7月7日01:177月7日7月7日
2060年7月6日07:067月6日7月6日

グレゴリオ暦

グレゴリオ暦による17世紀から24世紀までの日本の小暑は表のとおり [3] [4] [5]2021年の小暑は7月7日。]

365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度閏年でリセットされる様子が分かる(小暑は閏日の挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。 1797年から1987年までは7月7日7月8日のいずれか。1988年から2023年まで7月7日が続く。 2024年以降は7月6日7月7日のいずれか(2049年が日の境界に近いため、不確かさが残る)。稀に7月8日2103年2107年)。

年を4で割った余り確定困難な(日を跨ぐ)年
0123真夜中の前後10分
1600年 - 1603年7日7日8日8日
1604年 - 1631年7日7日7日8日
1632年 - 1663年7日7日7日7日
1664年 - 1691年6日7日7日7日
1692年 - 1699年6日6日7日7日1693(6-7日),
1700年 - 1723年7日7日8日8日
1724年 - 1751年7日7日7日8日1751(7-8日),
1752年 - 1783年7日7日7日7日
1784年 - 1799年6日7日7日7日
1800年 - 1811年7日8日8日8日
1812年 - 1839年7日7日8日8日1813(7-8日),
1840年 - 1871年7日7日7日8日1842(7-8日),
1872年 - 1899年7日7日7日7日
1900年 - 1903年8日8日8日8日
1904年 - 1931年7日8日8日8日
1932年 - 1959年7日7日8日8日
1960年 - 1987年7日7日7日8日1962(7-8日),
1988年 - 2023年7日7日7日7日1991(7-8日),
2024年 - 2051年6日7日7日7日2049(6-7日),
2052年 - 2079年6日6日7日7日
2080年 - 2099年6日6日6日7日
2100年 - 2107年7日7日7日8日
2108年 - 2139年7日7日7日7日2111(7-8日),
2140年 - 2171年6日7日7日7日2169(6-7日),
2172年 - 2195年6日6日7日7日
2196年 - 2199年6日6日6日7日2198(6-7日),
2200年 - 2227年7日7日7日8日
2228年 - 2259年7日7日7日7日
2260年 - 2287年6日7日7日7日
2288年 - 2299年6日6日7日7日
2300年 - 2315年7日7日8日8日
2316年 - 2343年7日7日7日8日
2344年 - 2379年7日7日7日7日2347(7-8日), 2376(6-7日),
2380年 - 2399年6日7日7日7日

七十二候

小暑の期間の七十二候は以下の通り。

初候
温風至(おんぷう いたる) : 暖かいが吹いて来る(日本・中国)
次候
蓮始開(はす はじめて はなさく) : の花が開き始める(日本)
蟋蟀居壁(しっしゅつ かべに おる) : 蟋蟀が壁で鳴く(中国)
末候
鷹乃学習(たか すなわち がくしゅうす) : の幼鳥が飛ぶことを覚える(日本・中国)

前後の節気

夏至小暑大暑

脚注

  1. 国立天文台 暦要項 各年版より世界時換算(1984年 - 2016年)
  2. 2009年版より理論が更新されているが、「分」の精度でほとんど違いはない。
  3. 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない(代わりに分単位の精度がある)。 将来の見積もりについては(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある(10分の誤差を見込んだが、表の末尾では恐らく不足)。
  4. JPL HORIZONS Web-Interface (2015年8月22日 Ver 3.9.8) 取得後 TT→UT 変換
  5. NASA による ΔT の解説計算式
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.