小川靖彦

小川 靖彦(おがわ やすひこ、本姓、小松[1]1961年 - )は、日本国文学者青山学院大学文学部日本文学科教授。専門は上代文学万葉集および万葉学史)と書物学(おもに中国文化圏の巻子本)。

略歴

栃木県生まれ。1985年東京大学文学部国文科卒業、1992年大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。2007年「萬葉学史の研究」で文学博士。1992年 国文学研究資料館研究情報部助手、1995年和光大学人文学部文学科専任講師、1998年日本女子大学文学部日本文学科助教授2003年青山学院大学文学部日本文学科助教授、教授[2]

受賞・学術賞

  • 第25回上代文学会賞(『萬葉学史の研究』おうふう、2007年)(上代文学会) 2008.5
  • 第3回全国大学国語国文学会賞(『萬葉学史の研究』おうふう、2007年)(全国大学国語国文学会) 2008.6
  • 青山学院学術褒賞(『萬葉学史の研究』おうふう、2007年)(学校法人青山学院) 2008.11
  • 第3回古代歴史文化賞優秀作品(『万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史』角川選書、2014年)(島根県・奈良県・三重県・和歌山県・宮崎県)2016.11[3]

著書

  • 『萬葉学史の研究』おうふう、2007
  • 『万葉集 隠された歴史のメッセージ』角川選書、2010
  • 『万葉集と日本人 読み継がれる千二百年の歴史』角川選書、2014

編・監修

  • 『万葉うためぐり 学僧仙覚ゆかりの武蔵国小川町を歩く』小川町観光協会編 監修 村永清,新田文子著 笠間書院 2014
  • 『萬葉写本学入門 上代文学研究法セミナー』編 笠間書院 2016

論文

脚注

  1. 小松(小川)靖彦「『万葉集』の本来の姿はどのようなものか」(『古典文学の常識を疑う』勉誠出版、2017年)
  2. 『万葉集と日本人』著者紹介
  3. 古代歴史文化賞ホームページhttp://kodaibunkasho.jp/archive-2.html

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.