小川信雄 (法曹)

小川 信雄(おがわ のぶお、1905年明治38年)8月7日 - 1993年平成5年)11月19日[1])は、日本の弁護士最高裁判所判事山口県出身。

概要

1929年(昭和4年)に東京帝国大学法学部を卒業[2]。北海道電燈の旭川支社に入社したが、3ヶ月で退社[2]。「文化が進むにつれて専門技術を身につけるのが大切」と考え、1932年(昭和7年)に弁護士登録をした[2]

企業の法律相談を手がけ、二十数社の顧問弁護士をした[2]。刑事事件については鮎川金次郎派の選挙違反事件を扱った[2]

1946年(昭和21年)に村上義一運輸大臣の秘書官をしたことがある[2]

1970年(昭和45年)12月22日に最高裁判所判事に就任[2]。就任時に「最高裁長官の意見に対しても、他の判事からどしどし意見が出され、実にいいと思った。弁護士生活40年の経験を生かし、国民が納得できるものにしたい」と語る[3]

1975年(昭和50年)8月に定年退官[4]。再び弁護士登録をし、倒産した興人と連鎖的に経営が行き詰った興人化成、コーデラン工業の保全管理人に東京地裁から選任された[4]

脚注

  1. 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、282頁。
  2. 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)164頁
  3. 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)164・165頁
  4. 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)165頁
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.