小和田顯

小和田 顯(おわだ あきら、1926年〈大正15年〉4月22日 - 2008年〈平成20年〉10月)は日本漢文学者。専修大学教授。元外務省事務次官小和田恆の兄[1]皇后雅子伯父[1]。名は新字体)で表記される場合もある。

おわだ あきら
小和田 顯
生誕 日本新潟県
出身校東京大学

略歴

新潟県に教員小和田毅夫・静夫妻の長男として生まれる[1]1932年旧制六日町中学卒業、1948年(昭和23年)に新潟高等学校卒業、1958年(昭和33年)に東京大学文学部中国哲学科を卒業した。1963年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1966年10月にロンドン大学アジア・アフリカ研究所(SOAS)に助教授待遇として勤務、1967年4月にロンドン日本語学校校長を兼務した。1970年帰国後は旺文社などの出版社の漢和辞典の編者、編集主幹、編集委員等を務めた。1981年専修大学文学部助教授(国文学科)、1990年教授。1997年定年退職。

共編著

  • 『小学教科書漢字辞典』 旺文社 1982年
  • 『高校基礎漢和辞典』 旺文社 1984年
  • 『福武漢和辞典』石川忠久,遠藤哲夫共編 福武書店 1990年
  • 『早引きワープロ漢字辞典』監修 旺文社 1993年
  • 『旺文社漢字典』伊東倫厚,大島晃,遠藤哲夫,宇野茂彦共編 1999
  • 『旺文社標準漢和辞典 第5版』遠藤哲夫共監修 2001

脚注

  1. 「小和田家系図」『毎日グラフ臨時増刊 皇太子さま雅子さま ご成婚記念特別号』、毎日新聞社、1993年6月26日、 161頁。

参考文献

  • 川口素生『小和田家の歴史 雅子妃殿下のご実家』新人物往来社 2001年 76-80頁

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.