小口現金出納帳

小口現金出納帳(こぐちげんきんすいとうちょう)は、会計帳簿の一つで、小口現金を管理・把握するために記録する帳簿。補助簿の中の補助記入帳の一つ。[1] 日常の取引で必要になる少額の支払いのための現金(小口現金)を、会計係が各部署の小口現金係(用度係)に、週又は月に1度渡し管理させる。

会計
主要概念
簿記 - 時価会計
現金主義 - 発生主義
環境会計
売上原価 - 借方 / 貸方
複式簿記 - 単式簿記
後入先出法 - 先入先出法
GAAP / US-GAAP
概念フレームワーク
国際財務報告基準
総勘定元帳 - 取得原価主義
費用収益対応の原則
収益認識 - 試算表
会計の分野
原価 - 財務 - 法定
基金 - 管理 -
財務諸表
貸借対照表
損益計算書
キャッシュ・フロー計算書
持分変動計算書
包括利益計算書
注記 - MD&A
監査
監査報告書 - 会計監査
GAAS / ISA - 内部監査
SOX法 / 日本版SOX法
会計資格
JPCPA - ACCA - CA - CGA
CIMA - CMA - CPA - Bcom
税理士 - 簿記検定

小口現金の管理には、事前に定められた一定の小口現金を前渡ししておく「定額資金前渡法(インプレスト・システム)」と、必要に応じ随時に小口現金を補給する「随時補給法(不定額資金前渡法)」の二つの方法がある。 [2]

出典

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.