小倉三省

小倉 三省(おぐら さんせい、1604年5月6日慶長9年4月8日) - 1654年8月27日承応3年7月15日))は、江戸時代前期の儒学者。名は克。字は政実・政義。号は三省。小倉勝介の子。土佐高知藩士。著作に、『周易大伝研幾』(全8冊) がある[1]

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.