富田睦子

富田 睦子(とみた むつこ、1973年6月8日 - )は、日本の歌人である。

経歴・人物

愛知県出身、東京都西東京市在住[1]愛知淑徳短期大学国文学科卒業。島田修三のゼミ生であった当時から歌の魅力に目覚め、卒業後も彼に師事。1994年[2]から短歌結社「まひる野」に所属し、同誌「マチエール」欄などで精力的に活動を続けている。

1996年、「猫」(作品50首) が第42回角川短歌賞候補作に選出される。

2014年12月、歌集『さやの響き』にて、第15回現代短歌新人賞を受賞。

書籍

  • 『歌集 さやの響き』 (本阿弥書店、2013年12月)
  • 『歌集 風と雲雀』(KADOKAWA、2020年4月)

寄稿

  • 「猫」 - 『短歌』第43巻第6号、1996年5月発売
  • 「錦糸卵」 - 『歌壇』第12巻第5号、1998年4月発売
  • 「夏の香り」 - 『短歌』第45巻第10号、1998年9月発売
  • 「(あるきだす言葉たち)空晴れて」 - 『朝日新聞デジタル』2015年3月3日配信
  • 「ネット中継について」(歌壇時評) - 『うた新聞』2015年6月号 (2015年6月発行)
  • 「言葉の持つ空気」- 『短歌研究』第62巻第6号、2015年5月21日発売
  • 「短歌月評」 - 『短歌』第64巻第6号~8号、2017年6月号~8月号
  • 「インタビュー 尾崎左永子さんに聞く」(全2回) - 『歌壇』第31巻11号、12号、2017年11月号、12月号
  • 「2017年度・後期 歌集・歌書展望」 - 『短歌研究』第74巻第12号、2017年12月号(短歌年鑑2018)

脚注

  1. 『短歌年鑑』平成27年度版 (『短歌』1月号増刊、KADOKAWA、2014年12月発行) 巻末「全国短歌人名録」
  2. 「著者略歴」『風と雲雀』(角川文化振興財団、2020年)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.