宣仁皇后

宣仁皇后(せんじんこうごう、1032年 - 1093年)は、北宋英宗の皇后。1085年から1093年までの間、太皇太后として臨朝称制した。姓は高氏、幼名は滔滔(とうとう)。宣仁太后とも呼ばれた。

高皇后
北宋の皇后
宣仁皇后高氏
在位 1063年5月29日[1] - 1067年1月27日

別称 宣仁聖烈皇后
出生 明道元年(1032年
死去 元祐8年9月3日
1093年9月26日
配偶者 英宗
子女 神宗
陳国長公主(恵和帝姫)
趙顥(呉栄王)
趙顔(潤王)
蜀国長公主(明恵帝姫
韓国魏国大長公主(賢徳懿行帝姫)
父親 高遵甫
母親 曹氏

生涯

亳州蒙城県の人。高遵甫と曹氏(仁宗の皇后曹氏の姉)の娘として生まれた。慶暦7年(1047年)、団練使趙宗実(後の英宗)にとつぎ、京光郡君となった。夫婦仲は良く、趙頊(後の神宗)など多くの子供を産んだ。

嘉祐8年(1063年)4月1日、仁宗が崩じた。男子がなかったので、曹皇后が宗室のうちから、仁宗の従兄の子である趙宗実を帝位に即かせた。4月29日、高氏は皇后に立てられた。治平4年(1067年)正月に英宗が崩じて長男の神宗が立つと、皇太后となった。

元豊9年(1085年)3月、神宗が崩じて幼い哲宗が立つと、太皇太后となり垂簾聴政した。高太后は旧法を回復するよう努め、司馬光呂光著らを起用して新法派を排斥し、熙寧・元豊年間に立てられた法を廃止していった。当時まだ少年であった哲宗には反対され、祖母と孫の間は険悪になった。

元祐8年(1093年)9月、崩じた。 哲宗は実の祖母の廃位を準備したが、母の朱太妃が諫言したので取りやめた。

逸話

  • 仁宗の男子がことごとく夭逝したため、仁宗の従甥である趙宗実(後の英宗)は幼くして宮中で養育され、その際に曹皇后の姪で同年齢の高滔滔と幼馴染になった。その後、張氏(温成皇后)が仁宗の寵愛を独占し、仁宗は張氏に男子が生まれるのを心待ちにして、趙宗実を実家へ戻した。結局、張氏には薨去するまで男子が生まれなかった。
  • 曹皇后は高氏を一度は仁宗に勧めたが、仁宗は「そなたの近親の成長を待ってはおれぬ。宗実が成長すれば、その妻にふさわしかろう」と言って拒否した(高氏が生まれたのは曹氏が皇后になる2年前で、仁宗の22歳下になる)。
  • 曹太后は高皇后に対し、英宗の妃嬪が少ないことをとがめた。高皇后は腹を立て、「私は団練使に嫁ぎました、皇帝に嫁いだのではありません」と応じた。

子女

  • 趙頊(神宗)
  • 陳国長公主(恵和帝姫)
  • 趙顥(呉栄王)
  • 趙顔(潤王)
  • 蜀国長公主(明恵帝姫
  • 韓国魏国大長公主(賢徳懿行帝姫)

伝記資料

  • 『続資治通鑑長編』
  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』

脚注

  1. 『宋史』巻13, 英宗紀 嘉祐八年四月庚子条 「立京兆郡君高氏爲皇后」

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.