宝治

宝治ほうじ旧字体寶治は、日本元号の一つ。寛元の後、建長の前。1247年から1249年までの期間を指す。この時代の天皇後深草天皇鎌倉幕府将軍は藤原頼嗣執権北条時頼

改元

出典

春秋繁露-通国身」の「気之清者為精、人之清者為賢、治身者以精為国者以賢為道」。

宝治期におきた出来事

  • 宝治元年6月5日 - 宝治合戦(鎌倉幕府の内乱)
  • 宝治2年春、澁谷光重は次男以下の5兄弟を薩摩川内川の中、下流に地頭として下向させる。兄弟はそれぞれ東郷、祁答院、鶴田、入来院、高城を名乗った。
  • 宝治3年2月1日 - 閑院火災。京都で火災が発生し、里内裏の閑院が焼失。

西暦との対照表

※は小の月を示す。

宝治元年(丁未一月二月※三月四月※五月※六月七月※八月九月※十月十一月十二月
ユリウス暦1247/2/73/94/75/76/57/48/39/110/110/3011/2912/29
宝治二年(戊申一月※二月三月※四月五月※六月※七月※八月九月※十月十一月十二月閏十二月※
ユリウス暦1248/1/282/263/274/255/256/237/228/209/1910/1811/1712/171249/1/16
宝治三年(己酉一月二月三月※四月五月※六月※七月※八月九月※十月十一月十二月※
ユリウス暦1249/2/143/164/155/146/137/128/109/810/811/612/61250/1/5

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.