宝幢如来

宝幢如来(ほうとうにょらい、梵名:ラトナケートゥ、रत्नकेतु、[ratnaketu])は、仏教における信仰対象である如来の一尊である。梵名は「如意宝珠の旗印(をもつ者)」の意。

胎蔵曼荼羅画面東方に位置し「発心」(悟りを開こうとする心を起こすこと)を表す仏とされる。

仏道修行の根本である菩提心(発菩提心)を旗印とし、その旗(幢)によって諸魔(修行を妨げる煩悩や迷妄)を退ける如来であり、阿閦如来(あしゅくにょらい)と同じとする説もある。

結んだ与願印は、大慈悲をもって衆生の願いをかなえる仏意を表す。

大日経』・秘密八印品で「宝幢如来」にあたる部分は、以下の如く示される。

(前略) いかんが八印なる。いわく、智慧三昧手を以って、空心合掌に作して、その上風輪と地輪とを散じて、光焰を放つが如くす、これ世尊の大威徳生の印なり。 そのマンダラは三角にして、しかも光明を具せり。彼の真言にいわく Namaḥ samantabuddhānāṃ raṃ raḥ svāhā (普く諸仏に帰命す ラム ラハ スヴァーハー)

真言

ノウマク・サマンダボダナン・ラン・ラク・ソワカ

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.