宋浚吉

宋 浚吉(そう しゅんきつ、ソン・ジュンギル、朝鮮語:송준길、1606年12月28日-1672年12月2日)は、李氏朝鮮の文臣、政治家、性理学者、哲学者。第1次礼訟論争における西人の穏健派人の1人である。宋時烈と西人党の理論家であり礼学の大家の1人だった[1]金長生[2]金集の門人。字明甫、号は同春堂同春、諡号は文正

宋浚吉
各種表記
ハングル 송준길
漢字 宋浚吉
発音: ソン・ジュンギル
日本語読み: そう しゅんきつ
ローマ字 Song Jun-gil

大田広域市にある別荘が「懐徳同春堂(대전 회덕 동춘당)」として大韓民国指定宝物に選定され、保存・公開されている[3]

著作

  • 『語録解』
  • 『同春堂集』

脚注

  1. 宋浚吉 (韓国語)
  2. 宋浚吉

参考文献

  • 李徳一 著『党争で見る朝鮮歴史』2004年12月 石筆 ISBN 8980370369
  • 李徳一 著『宋時烈と彼らの国家』2000年9月 石筆 ISBN 9788934905028
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.