宋州 (河南省)

宋州(そうしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から宋代にかけて、現在の河南省商丘市一帯に設置された。

隋代

596年開皇16年)、隋により亳州汴州徐州が分割され、宋州が立てられた。606年大業2年)、杞州が廃止され、その管轄県が宋州に移管された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、宋州は梁郡と改称され、下部に13県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
亳州汴州徐州梁郡
梁郡陽夏郡彭城郡宋城県 考城県 下邑県
雍丘県 襄邑県 碭山県
楚丘県 寧陵県 陳留県
圉城県 虞城県 穀熟県
柘城県
睢陽県
城安県
下邑県
雍丘県
襄邑県
安陽県

唐代

621年武徳4年)、王世充を平定すると、梁郡は宋州と改められた。742年天宝元年)、宋州は睢陽郡と改称された。758年乾元元年)、睢陽郡は宋州の称にもどされた。宋州は河南道に属し、宋城・襄邑・寧陵・虞城・碭山・下邑・穀熟・単父・楚丘・柘城の10県を管轄した[2]

唐代の行政区画
武徳4年武徳4年武徳5年貞観元年貞観17年永淳元年天宝3年乾元元年
宋州睢陽郡宋州
宋城県
寧陵県
柘城県-柘城県
穀熟県
下邑県
碭山県
虞城県-虞城県
-襄邑県
-単父県
-楚丘県

五代十国時代

909年開平3年)、後梁により宋州に宣武軍節度使が置かれた[3]923年同光元年)、後唐により宣武軍節度使は帰徳軍節度使と改められた[4]

宋代

1006年景徳3年)、北宋により宋州は応天府に昇格した[5]

脚注

  1. 隋書』地理志中
  2. 旧唐書』地理志一
  3. 旧五代史』梁書太祖紀
  4. 『旧五代史』唐書荘宗紀
  5. 宋史』地理志一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.