安藤陳武

安藤 陳武(あんどう のぶたけ)は、江戸時代前期から中期にかけての紀伊国田辺藩6代藩主。官位従五位下・帯刀。

 
凡例
安藤陳武
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 元禄元年(1688年
死没 享保2年10月7日1717年11月9日
改名 新蔵(幼名)、陳武
戒名 浄缶院崇厳居士
墓所 愛知県岡崎市大和町の妙源寺
官位 従五位下帯刀
主君 徳川綱教頼職吉宗宗直
紀伊田辺藩主(御三家紀州藩附家老)
氏族 安藤氏
父母 父:安藤直清、養父:安藤直名
兄弟 直格、万三郎、直名陳武直達、女子三人
正室:なし
陳定安藤直規正室、久野俊純正室、
水野正真

略歴

元禄元年(1688年)4代藩主・安藤直清の四男として誕生。元禄12年(1699年)12月、兄で先代当主・直名が隠居したため、その跡を継いだ。

享保2年(1717年)10月7日に死去し、跡を長男・陳定が継いだ。

系譜

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.