安藤直馨

 
凡例
安藤直馨
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年8月15日1786年9月7日
死没 文政9年3月29日1826年5月5日
改名 正三郎/賢三郎、直馨
官位 従五位下帯刀
主君 徳川治宝斉順
紀伊田辺藩主(御三家紀州藩附家老
氏族 本庄松平家安藤氏
父母 松平資承安藤直則
兄弟 松平資統松平宗允松平宗発
松平資恭直馨松平資克松平資譲
富田知良正室、堀田一知正室、歌子、
朽木綱方正室、水野忠啓正室
松平宗発養女

安藤 直馨(あんどう なおか)は、江戸時代後期の紀伊国田辺藩15代藩主。官位従五位下・帯刀。

略歴

丹後宮津藩主・松平資承の五男として誕生。幼名は正三郎、賢三郎。子は娘(松平宗発の養女)。

文政7年(1824年)6月27日、安藤直則の死去により、末期養子として家督を継いだ。同年12月16日、従五位下に叙任し、帯刀を称する。文政9年(1826年)に死去し、跡を直則の実子・直裕が継いだ。

系譜

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.