安藤直行

安藤 直行(あんどう なおゆき)は、江戸時代後期の紀伊国田辺藩17代藩主(紀州藩附家老)。明治維新後は華族に列し、貴族院議員や日本帝国小銃射的協会(現在の日本クレー射撃協会及び日本ライフル射撃協会)理事[1]などを歴任した。位階従三位[2]勲等勲四等爵位男爵

 
凡例
安藤直行
安藤直行
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 安政5年11月20日1858年12月24日
死没 明治41年(1908年3月6日
改名 徹福丸(幼名)、直行
官位 従五位男爵正四位勲四等従三位
主君 明治天皇
紀州藩附家老紀伊田辺藩主)
氏族 三河安藤氏
父母 父:安藤直裕、母:戸田光庸七女貞
正室:中御門経之三女八千子
直雄直忠徹雄、栄子、文子、房子

生涯

安政5年(1858年)11月20日、紀州藩附家老安藤直裕の四男[3]として江戸小石川水道町(現在の東京都文京区水道)の安藤家上屋敷にて誕生[4]。幼名は徹福丸文久3年(1863年)3月に家督を相続したが[5][6]、ほどなくして父が当主に復帰している。

明治4年(1871年)10月27日、従五位に叙位し、翌28日に元服した上で昇殿を許され、明治天皇に拝謁する[4]。父の隠居により同年11月8日に家督を相続する。明治6年(1873年6月12日に天皇の御座所である旧江戸城西の丸御殿が焼失したため、営繕助役として金100円を献納する。明治9年(1876年11月5日、小石川水道町の自邸を旧越前福井藩主・松平茂昭に譲り、直行は深川安宅町6番地(現在の江東区新大橋)に転居した。

三河安藤氏藤原姓を自称していたが、これは安倍姓を藤原姓に改めたものであるとして、明治9年(1876年)10月16日宮内省に安倍復姓を願い出て、翌明治10年(1877年1月19日に復姓が認められると皇別に編入された[4]。明治17年(1884年7月8日に特旨をもって華族に列し、男爵に叙される[7]。明治30年(1897年7月10日の第2回伯子男爵議員選挙で初当選し、貴族院議員に就任。明治33年(1900年6月20日正四位に叙位。明治39年(1906年4月1日日露戦争の功により勲四等旭日小綬章を受章[8]

明治41年(1908年3月6日、死去。同日付で従三位に叙位。家督は長男・直雄が継いだ。

系譜

  • 父:安藤直裕(1821-1885)
  • 母:貞 - 戸田光庸の七女
  • 正室:八千子 - 中御門経之の三女
    • 長男:安藤直雄(1882-1927)
    • 長女:栄子 - 平野熊太郎妻
    • 次男:安藤直忠
    • 次女:文子 - 竹歳万治妻
    • 三女:房子 - 坂本友則妻
    • 三男:安藤徹雄

脚注

  1. 『人事興信録(第2版)』1078頁。
  2. 『官報』第7407号、1908年3月9日。
  3. 『人事興信録(初版)』895頁。
  4. 『華族類別譜(附録)』97頁。
  5. 水野[1914: 573]
  6. 維新史料編纂会[1929: 25]
  7. 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  8. 『人事興信録(第2版)』1079頁。

参考文献

  • 青山長格編 『華族鑑』 海老原兼太郎、1894年、88頁。
  • 維新史料編纂会編 『現代華族譜要』 日本史籍協会、1929年、25頁。
  • 柴山典編 『華族類別譜(明治17年)』上巻、屏山書屋、1884年、12-13頁。
  • 柴山典編 『華族類別譜(附録)』巻之一、屏山書屋、1884年、88-97頁。
  • 鈴木真年 『華族諸家伝』上巻、杉剛英、1880年、9頁。
  • 筒井住蓮編 『大日本華族大鑑』 都通信社、1911年、217頁。
  • 水野慶次編 『華族大系』 系譜社出版部、1914年、573頁。
  • 『人事興信録(初版)』 人事興信所、1911年、894-895頁。
  • 『人事興信録(第2版)』 人事興信所、1911年、1078-1079頁。
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
田辺安藤家初代
1884年 - 1908年
次代:
安藤直雄
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.