宇野茂彦

宇野 茂彦(うの しげひこ、1944年昭和19年〉5月20日 - )は、中国学者中国哲学研究者中央大学名誉教授斯文会評議員[1]宮内庁書陵部委員[2]

宇野精一は父、宇野哲人は祖父にあたる。

来歴・人物

1944年5月20日、東京に宇野精一の長男として生まれる。1969年東京大学文学部Ⅰ類中国哲学専修卒業、74年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。愛知教育大学青山学院大学を経て、1984年名古屋大学文学部(中国哲学研究室)助教授、1989年教授。1994年中央大学文学部(哲学専修)教授、2005-09年文学部長、2005年4-10月中央大学杉並高等学校校長。2015年3月定年退職[1][3]

2019年4月の令和改元における最終候補6案の考案者の一人であり、国書由来では古事記から「英弘」、日本書紀続日本紀から「広至」、漢籍由来では易経から「久化」、詩経から「万保」の4案を提出した[4][5]

著書

書籍

  • 1976年7月『朱子の後継(上)』(朱子学大系)共著 明徳出版社
  • 1978年4月『朱子の先駆(上)』(朱子学大系)共著 明徳出版社
  • 1981年1月『人の道天の道 孔子』(聖者物語)日本教文社
  • 1982年1月『人物中国の歴史8落日の大帝国』共著 集英社
  • 1992年5月『林羅山・(附)林鵞峰』(叢書日本の思想家)明徳出版社
  • 1996年10月『孔子家語』(新釈漢文大系)共著 明治書院
  • 1997年4月『人類の叡智に学ぶ』共著 中央大学出版部
  • 2003年3月『韓非子のことば』(My古典)斯文会

主な論文

  • 1971年6月 『呂氏春秋に於ける儒墨折衷の様相』 東京支那学報16号
  • 1974年10月『魏の客士登用と孟軻』 中哲文学報1号
  • 1980年7月 『直躬説話の成立展開とその背景』 東方学60輯
  • 1984年1月 『黃榦の道統論と聖賢の祀』 青山学院文学部紀要25巻
  • 1985年3月 『子貢像の變遷』 名古屋大学文学部研究論集哲学31
  • 1989年3月 『淮南子の総合とその整合管見』 名古屋大学文学部研究論集哲学35
  • 1990年10月 『上代における心概念の展開』 山下龍二教授退官記念中国学論集
  • 1998年10月 『上代「道」概念の擴大について』 日本中国学会五十周年記念論集
  • 1999年3月 『曾子の人物像について』 中央大学文学部紀要178号
  • 2000年3月 『呂覧の稱謂の由來』 村山吉廣教授古希記念中國學論集
  • 2010年5月 『四科十哲説』 新しい漢字漢文教育50号
  • 2015年3月 『諸子百家思想史素描』 中央大学文学部紀要257号[6]

その他

  • 辞書の編集と事典の項目執筆
    • 『福武漢和辞典』福武書店、共編
    • 『漢字典』旺文社、共編
    • 『ジャンルジャポニカ思想宗教篇』小学館 8項目
    • 『世界伝記事典』ほるぷ出版 1項目
    • 『漢詩の解釈と鑑賞事典』旺文社 20項目
    • 『Encarta百科事典』マイクロソフトジャパン(1997、1998年版、2003年版)
    • 『中国思想事典』研文出版 3項目
    • 『小学館大百科辞典』小学館 6項目
    • 『岩波哲学思想事典』岩波書店 6項目

関連文献

  • 宇野精一石川忠久『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』 明治書院、1997年。ISBN 978-4625440229(286-289頁で言及)
  • 毎日新聞「代替わり」取材班 『令和 改元の舞台裏』 毎日新聞出版、2019年。ISBN 978-4620325910。(著者の「~取材班」は野口武則の別名義[7]
  • 野口武則 『元号戦記 近代日本、改元の深層』 角川新書、2020年。ISBN 978-4040823782。

脚注

  1. 中央大学 2015年「宇野先生最終講義」(略歴・業績)
  2. “代替わりへ 改元の舞台裏/6 元号準備に宇野家人脈 漢学者3代、皇室と縁深く”. 毎日新聞. (2019年4月11日). https://mainichi.jp/articles/20190411/ddm/002/040/038000c
  3. 岸田知子 (2015). “宇野茂彦教授を送る”. 中央大学文学部紀要257号.
  4. “新元号4案は宇野氏 最終6案、考案者全容が判明”. 毎日新聞. (2019年8月6日). https://mainichi.jp/articles/20190806/ddm/002/040/035000c
  5. “平成から令和へ 退位改元3 漢籍落選、元号1300年の転機(元号準備、中心に「宇野家」)”. 朝日新聞. (2019年4月4日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13963802.html
  6. 中央大学学術リポジトリ(http://id.nii.ac.jp/1648/00007266/
  7. 毎日新聞「代替わり」取材班 2019, p. 188f.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.