媚茶

元の名を昆布茶(こぶちゃ)といい、海藻コンブの色を写したものだが、「異性に媚びるような艶っぽい色」という意味の「媚茶」の字を当てられて流行した。

媚茶
こびちゃ
 
16進表記 #716246
RGB (113, 98, 70)
CMYK (0, 13, 38, 56)
表示されている色は一例です
コビチャニガイグチ(媚茶苦猪口)
媚茶色のキノコ

媚茶(こびちゃ)は、江戸時代の流行色の1つ。やや黒ずんだ黄褐色。

概要

守貞謾稿』には「媚茶は天保年江戸に行はれ」と、天保の頃に流行したと書かれている。

ヤマモモの樹皮を使用し、鉄媒染で染める。媒染剤にはお歯黒に使用する鉄漿(酸化鉄の溶液)が用いられた。

参考文献

  • 福田邦夫『すぐわかる 日本の伝統色』東京美術 ISBN 4-8087-0784-5
  • 吉岡幸雄『日本の色辞典』紫紅社 ISBN 4-87940-549-3
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.