始建国

始建国(しけんこく)は、王莽の治世に建てられた最初の元号9年 - 13年

前年の漢の初始元年12月を正月として始められた。漢字3文字の元号の初出。

出来事

  • 元年:孺子嬰を定安公に封じる。井田制に倣い全国の土地を「王田」とし、民間奴隷を「私属」と称して共に売買を禁止。貨幣について、契刀・錯刀・五銖銭の劉氏と関わる(劉=卯金刀)として廃止、大泉五十と小泉直一のみ発行。
  • 2年:銅貨(6),金貨(1),銀貨(2),亀貨(4),貝貨(5),布貨(10)の6系統28種類の貨幣制度を施行。
  • 3年:匈奴が北方に侵入。

西暦との対照表

始建国元年2年3年4年5年
西暦9年10年11年12年13年
干支己巳庚午辛未壬申癸酉


前の元号:
初始前漢
中国の元号
次の元号:
天鳳
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.