妻木頼黄

妻木 頼黄(つまき よりなか[1])は日本の建築家。明治建築界の三大巨匠の一人。大蔵省営繕の総元締めとして絶大なる権力を持っていた営繕官僚。幕末に、幕府旗本の長男として生まれる。工部大学校造家学科(のちの東京大学建築学科)に入学、卒業1年前になって同学校を退学し、コーネル大学建築学科に留学、卒業後ニューヨークのロバートソン事務所で修行。大蔵省などで数多くの官庁建築を手がけ、明治時代の官庁営繕組織を確立した。国会議事堂の建設にも執念を燃やしたが、妻木の在世中に本建築が着工することはなかった。工手学校(現工学院大学)造家学科教員。

妻木頼黄
生誕1859年2月22日
(旧暦安政6年1月20日
日本 江戸赤坂
死没 (1916-10-10) 1916年10月10日(57歳没)
大正5年10月10日)
日本 東京府東京市
国籍 日本
出身校コーネル大学
職業建築家
建築物 東京府庁舎
横浜正金銀行本店
日本橋

経歴

1859年、上郷妻木氏7代頼幸の次男で、上総妻木家を継いで11代当主となった、幕臣旗本・妻木源三郎頼功の長男として江戸に生まれる。幼名、久之丞。父の頼功は、1862年長崎表立合御用として赴任するが現地で没した為、3歳で12代当主となった。明治9年(1876年)家屋敷を売却し渡米するが、日本で学ぶよう諭され帰国。1878年、工部大学校造家学科(のちの東大建築学科)に入学、ジョサイア・コンドルに学ぶ。辰野金吾の後輩に当たる。1882年、卒業1年前に中途退学し、アメリカ留学。コーネル大学建築学科3年に編入、同大学で学士号を取得した。 卒業ののち、ニューヨークのロバートソン事務所で修行。1885年帰国。

帰国後は東京府に勤務。1886年、議院(国会議事堂)建設のための組織である(内閣)臨時建築局に勤めた。官庁集中計画の一環で、議院の研究のため渡辺譲河合浩蔵、職人らとともにドイツに留学した。1888年、帰国。結局、議院建築は木造の仮建築で建てられることになり、本建築の建設は見送られた。

大蔵省で港湾、税関、煙草・塩専売などの施設建設に当たった。1894年日清戦争の際、大本営の置かれた広島に臨時議院(広島臨時仮議事堂)を建設することが決まると、短期日で完成させ、この功績で叙勲を受けた。また、奈良の東大寺大仏殿修復にも関わった。

1901年欧米を視察、同年工学博士号を取得。

日露戦争後、桂内閣のもとで再び議院建築の機運が盛り上がるが、辰野金吾らは公開コンペ開催を要求し、議院の設計を進めていた妻木らを批判した。桂内閣大正政変のため倒れた後、議院建築の計画も延期となり、妻木は官職を辞任。病気がちになり、1916年死去。

栄典

作品

建造物名所在地状態備考
/東京府庁1894年(明治27年)13東京都港区現存せず
/旧丸三麦酒 醸造工場
(現・半田赤レンガ建物)
1898年(明治31年)23愛知県半田市登録有形文化財実施設計のみ。カブトビール工場 → 日本食品化工
半田工場 → 現・半田赤レンガ建物
/旧日本勧業銀行本店
(現・千葉トヨペット)
1899年(明治32年)12千葉市美浜区登録有形文化財担当武田五一
/横浜正金銀行本店
(現・神奈川県立歴史博物館)
1904年(明治37年)14神奈川県横浜市重要文化財担当遠藤於莵
/旧醸造試験場第一工場1904年(明治37年)13東京都北区重要文化財
/井伊直弼像台座1909年(明治42年)14神奈川県横浜市
掃部山公園
/旧横浜正金銀行大連支店
(現・中国銀行大連分行)
1909年(明治42年)中国担当大田毅
/横浜正金銀行北京支店1910年(明治43年)中国
/旧横浜新港埠頭倉庫
(現・横浜赤レンガ倉庫)
1911年(明治44年)14神奈川県横浜市
/日本橋1911年(明治44年)13東京都北区重要文化財装飾意匠設計
/内閣文庫庁舎1911年(明治44年)23愛知県犬山市博物館明治村に移築、担当大熊喜邦
/日本赤十字社1912年(大正元年)13東京都港区現存せず
/拓殖大学恩賜記念講堂1914年(大正3年)13東京都八王子市復元2000年に拓殖大学恩賜記念館として復元
/旧山口県庁舎
(現・山口県政資料館)
1914年(大正3年)35山口県山口市重要文化財担当武田五一、大熊喜邦

脚注

  1. 本人直筆のサインによる。
  2. 『官報』第3924号「叙任及辞令」1896年7月28日。
  3. 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  4. 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  5. 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  6. 『官報』第241号「叙任及辞令」1913年5月21日。
  7. 『官報』第1260号「叙任及辞令」1916年10月11日。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.