妙楽寺 (川崎市)

妙楽寺

妙楽寺
所在地 神奈川県川崎市多摩区長尾3-9-3
位置 北緯35度36分30.5秒
東経139度34分38.5秒
山号 長尾山
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 伝・851年(仁寿元年)
開基 伝・円仁
正式名 長尾山薬王院妙楽寺
別称 あじさい寺
法人番号 3020005007473

妙楽寺(みょうらくじ)は、神奈川県川崎市多摩区にある、天台宗の寺院。山号は長尾山。通称あじさい寺。

概要

妙楽寺は、長尾寺とも威光寺ともいわれ、源家累代の祈祷所とする長尾山威光寺であった[1]。851年(仁寿元年)天台宗円仁が威光寺を建立したという。1977年(昭和52年)、本間紀男[2]によって薬師三尊の解体修理が行われ、日光菩薩像の胎内から「武州立花郡太田郷長尾山威光寺」の墨書銘が発見された。近年、1000株のアジサイが植えられて「あじさい寺」として親しまれており、毎年6月の第3日曜日には「長尾の里 あじさいまつり」が開催されている[3]

歴史

  • 851年(仁寿元年) 円仁が威光寺を建立する。
  • 1180年(治承4年) 源頼朝が長尾寺を阿野全成に与える。
  • 1405年(応永12年) 梵鐘を鋳造する。
  • 1509年(永正6年) 薬師如来像を造立する。
  • 1547年(天文16年) 日光菩薩像を造立する。
  • 江戸時代の文化・文政期 「新編武蔵風土記稿」の長尾村の頁に、「東鑑」に登場する威光寺との関連についての考察が記録される。[4]
  • 江戸時代の天保年間 「江戸名所図会」に名所として描かれる。[5]
  • 2009年(平成21年) 薬師堂を建立する。

文化財

  • 木造薬師如来両脇侍像(川崎市重要歴史記念物)[6]
  • 紙本着色五趣生死輪図(川崎市重要歴史記念物)[7]

交通アクセス

JR南武線・小田急小田原線登戸駅より長尾台コミュニティバスあじさい号
あじさい寺バス停下車、徒歩約1分。
JR南武線久地駅より長尾台コミュニティバスあじさい号、川崎市営バス
あじさい寺バス停下車、徒歩約1分。
長尾バス停下車、徒歩10分。
小田急小田原線向ヶ丘遊園駅より川崎市営バス、東急バス
長尾バス停下車、徒歩10分。

脚注

  1. 吾妻鏡』(治承4年11月19日)
  2. 当時は東京芸術大学美術学部保存技術講座助教授。現在は佛教造形研究所所長。
  3. 長尾の里 あじさいまつり”. 多摩川散歩. 2015年3月5日閲覧。
  4. 新編武蔵風土記稿3 長尾村
  5. 江戸名所図会. 第2 妙楽寺
  6. 指定文化財紹介 木造 薬師如来両脇侍像(妙楽寺)
  7. 指定文化財紹介 紙本着色 五趣生死輪図
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.