女子プロ野球ドラフト会議

女子プロ野球ドラフト会議(じょしプロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本女子プロ野球機構(以下、女子プロ野球機構)が開催する、選手の所属チームを決定するために行われる会議である。


概要

女子プロ野球機構が開催するトライアウト合格者の所属チームを決定する会議である。2009年に第1回が行われたが、2010年は行われなかった(後述)。

2009年

2010年からのリーグ開始に向け、2009年12月21日にホテル阪急インターナショナルにて球団設立記者会見とあわせて「第一回ドラフト会議」が行われた。指名の対象となるのは事前に女子プロ野球機構主催のトライアウトを合格した30人。この30人の選手はあらかじめ「内野手」、「外野手」、「捕手」、「投手」に組分けされており、組ごとに指名が行われた。指名対象選手全員が会議に同席しており、指名が重複した場合には、指名された選手が自らくじを引いて所属チームを決めた。

重複指名選手

ポジション順位選手名決定球団
外野手1順目小久保志乃兵庫スイングスマイリーズ
外野手2順目梅本由紀京都アストドリームス
捕手1順目碇美穂子京都アストドリームス
捕手2順目黒木弥生京都アストドリームス
投手1順目小西美加兵庫スイングスマイリーズ
投手3順目三浦伊織京都アストドリームス
投手4順目萩原麻子兵庫スイングスマイリーズ

指名リスト

京都アストドリームス

  • 内野手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目川端友紀20塩野義製薬(ソフトボール)
2順目中村茜20(当日誕生日)太陽誘電(ソフトボール)
3順目川畑亜沙美20南九州短期大学(女子硬式)
4順目深澤美和23日本プロスポーツ専門学校(男子硬式)
5順目河本悠23新波(女子硬式)
  • 外野手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目合田智子29スポーツデータバンク(男子軟式)
2順目梅本由紀23新波(女子硬式)
3順目田中朋子19県立和歌山商業高校(ソフトボール)
4順目大倉三佳24皇學館大学(女子軟式)
  • 捕手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目碇美穂子22(女子硬式)
2順目黒木弥生18神村学園高等部(女子硬式)
  • 投手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目駒谷麻妃18埼玉栄高校(女子硬式)
2順目荒井蛍18村田女子高等学校(女子軟式)
3順目三浦伊織18椙山女学園高等学校(テニス)
4順目山元保美33福岡ファイアーサンズ(女子軟式)

兵庫スイングスマイリーズ

  • 内野手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目厚ヶ瀬美姫18塁ベースボールクラブ(女子硬式)
2順目田中幸夏22大阪BLESS(女子硬式)
3順目坪内瞳25平成国際大学(女子硬式)
4順目滝澤彩21日本体育大学(ソフトボール)
5順目松本育代22大阪BLESS(女子硬式)
  • 外野手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目小久保志乃21ハマンジ(女子硬式)
2順目新原千恵23尚美学園大学(女子硬式)
3順目野々村聡子22大阪BLESS(女子硬式)
4順目奥田実里22中京女子大学(硬式)
  • 捕手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目川保麻弥25新波(女子硬式)
2順目益田詩歩21(女子硬式)
  • 投手
順位選手名年齢出身校・チーム
1順目小西美加26大阪BLESS(女子硬式)
2順目田中碧22(女子硬式)
3順目岩谷美里18北海道滝川西高校(ソフトボール)
4順目萩原麻子17豊田大谷高校(陸上部)

※年齢は指名当時。

2010年

前年度、各チームの戦力差が顕著であったことから戦力均衡を目的に、トライアウト合格者6人をドラフトを経ずに各チームに振り分けた。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.