奥戸新橋

奥戸新橋(おくどしんばし)は、新中川に架かるのひとつで、東岸の東京都葛飾区奥戸九丁目と西岸の奥戸六丁目を結び、東京都道60号市川四ツ木線奥戸街道)を通す。

歴史

1961年昭和36年)[1]新中川掘削工事に伴い架橋された。

諸元

  • 形式 – 5径間単純活荷重合成プレートガーダー桁橋
  • 橋長 – 144.6 m[1]
  • 幅員 – 14.0 m
  • 管理 – 東京都

バス路線

奥戸新橋は路線バスが通っている。

周辺

隣の橋

(上流) - 三和橋 - 八剣橋 - 奥戸新橋 - 中川放水路橋梁新金貨物線) - 上一色橋 - (下流)

脚注

  1. 奥戸新橋1961- - 土木学会付属土木図書館、2018年6月26日閲覧。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.