奥山一寸法師

奥山 一寸法師(おくやま いっすんぼうし、1960年昭和35年)5月5日 - )は、東京都青ヶ島村出身の実業家機械銘柄の東証二部上場企業フリージア・マクロスの代表取締役社長。

フリージアグループ・会長の佐々木ベジ、フリージアハウス株式会社・代表取締役社長の奥山治郎は実兄にあたる。

経歴

  • 1979年4月 - フリージア家電(現・フリージアトレーディング)入社
  • 1991年2月 - フリージア・マクロス監査役就任
  • 1993年9月 - 技研興業の監査役に就任
  • 1997年6月 - フリージア・マクロス専務取締役就任
  • 2000年3月 - フリージアトレーディング代表取締役社長就任(現職)
  • 2005年6月 - フリージア・マクロス取締役副社長就任
  • 2007年6月 - フリージア・マクロス代表取締役社長就任(現職)[1]

名前・来歴

  • 1960年5月、青ヶ島代々の名主の家に生まれ育った。
  • 親戚の弁によると、奥山一寸法師の名前の由来は、長兄・佐々木ベジの発意に因るものという。当時5歳の長兄は、読み始めた御伽噺の中で、特に一寸法師の物語に夢中だった。生まれたばかりの小さな赤ん坊を見て大喜びし「一寸法師だ!一寸法師が出てきた!」と信じて止まなかったという。この長兄の気持ちを重んじ、否定することを避けた父・奥山治は、そのまま村役場に「奥山一寸法師 昭和35年5月5日生まれ 三男」と出生届を出したというエピソードがある。
  • 父・奥山治は「もし、一寸法師という名前が都合が悪ければ、変な名前だという理由で、20歳になれば自分で改名することもできる。つまり、自分で自分の名前を付けられる自由を潜ませた命名でもある」と、自ら言い聞かせていたというエピソードもある。
  • 兄・佐々木ベジの弁によると、本人は20歳の誕生日の時に断食道場で10日のを行ない、その結果「一寸法師で行こう」と決めたとされている。

脚注

  1. フリージアマクロス 会社概要フリージアマクロス株式会社公式サイト 2012年2月22日閲覧
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.