奥女中

奥女中(おくじょちゅう)は、主に江戸時代藩邸奥や、江戸城大奥に仕えた女中のことを指す。御殿女中(ごてんじょちゅう)とも[1]

御守殿に仕えた女中は、御守殿女中ともよばれた[2]

江戸城大奥の奥女中

女中は基本的に将軍付と御台所付に分かれるが、役職名は同じである。ただし、将軍付の方が格としては高かった。また、役職も細かく分けられ、上下関係が大きくあった。

藩邸の奥女中

江戸時代の藩邸には、江戸城同様、藩主などの妻子が住む奥(奥向き)があった。基本的には大奥と変わりはないが、藩によって、暮らしぶりなどは違っていた。

主な奥女中

脚注

  1. 御殿女中』 - コトバンク
  2. 御守殿女中』 - コトバンク

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.