奈良陽一郎

奈良 陽一郎(なら よういちろう)は、日本歯学者歯科医師日本歯科大学生命歯学部接着歯科学講座教授。

奈良陽一郎
研究分野 歯科保存学
研究機関 日本歯科大学
出身校 日本歯科大学
プロジェクト:人物伝

経歴

1980年日本歯科大学卒業、1984年同大学院修了[1]。以後同大学助手、講師、助教授をつとめ、2003年より同大学教授に就任[1]

1984年 日本歯科大学より歯学博士号を得る。論文の題は「臼歯修復用コンポジットレジンの繰り返し荷重下における縁端強度」[2]

著書

  • 奈良陽一郎 他『わかる・できる 接着』猪越重久日野浦光安田登医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、1997年11月。NCID BA35965663
  • 奈良陽一郎「I. 齲蝕・硬組織疾患の基本的治療法 12 合着・接着」『イラストレイテッド・クリニカルデンティストリー2 歯・歯髄・歯周組織の疾患』黒﨑紀正小野瀬英雄住友雅人櫻井薫古郷幹彦井上宏寺下正道医歯薬出版、2001年11月1日。ISBN 978-4-263-40612-0。
  • 奈良陽一郎 他『保存修復学21』監修:岩久正明河野篤千田彰田上順次永末書店、2002年3月30日、改訂版。ISBN 978-4-8160-1114-6。
  • 『使いこなそうコンポジットレジン Minimal Interventionのための修復テクニック』猪越重久田上順次、奈良陽一郎、日野浦光福島正義桃井保子医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、2004年5月20日。
  • 『保存修復学21』監修:田上順次千田彰、奈良陽一郎、桃井保子永末書店、2006年3月30日、第3版。ISBN 978-4-8160-1165-8。
  • 奈良陽一郎 他『臨床に役立つ 接着修復のすべて DVD付』宮崎真至医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、2006年10月20日。NCID BA79483896
  • 『接着性コンポジットレジン修復の基礎と臨床』山田敏元、奈良陽一郎、宮崎真至佐野英彦吉山昌宏鈴木一臣宇野滋杉崎順平ヒョーロン・パブリッシャーズ日本歯科評論特別号〉、2007年11月20日。NCID BA84147559
  • 『保存修復クリニカルガイド』千田彰寺下正道田上順次、奈良陽一郎、宮崎真至片山直医歯薬出版、2009年11月10日、第2版。ISBN 978-4-263-45633-0。
  • 奈良陽一郎 他『保存修復学』千田彰寺下正道寺中敏夫宮崎真至医歯薬出版、2013年1月20日、第6版。ISBN 978-4-263-45663-7。

所属団体

学職
先代:
佐藤亨
第30回
2012年1月
函館市民会館
日本接着歯学会学術大会 大会長
第31回
2012年12月
日本歯科大学
次代:
髙橋裕
第32回
2013年
福岡県歯科医師会館
先代:
佐野英彦
第23回
2012年
札幌コンベンションセンター
日本歯科審美学会学術大会 大会長
第24回
2013年
日本歯科大学
次代:

脚注

  1. 研究者情報”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2011年1月28日). 2013年3月15日閲覧。
  2. 博士論文書誌データベース
  3. 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会役員”. 日本歯科保存学会. 2013年3月15日閲覧。
  4. 日本接着歯学会役員一覧”. 日本接着歯学会. 2013年3月15日閲覧。
  5. 役員構成”. 日本歯科審美学会. 2013年3月15日閲覧。
  6. 日本歯科医学教育学会役員一覧”. 日本歯科医学教育学会. 2013年3月15日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.