奇襲戦法

相手が対応できない場合一挙に有利となるが、正しく対応されると容易に不利となるとされる指し方、ハメ手と呼ばれる手筋がちりばめられている。俗に言う「引っかけ戦法」である。この「正しく対応」については、「鬼殺し」や「原始中飛車」のように対応で対処できるものの他、「角頭歩」や「パックマン」など、そもそも戦法を行う側の誘いに乗らなければ「引っかけ」には合わないものもある。その場合はそのまま進めて一局の将棋となる。

将棋 > 将棋の戦法 > 奇襲戦法

奇襲戦法(きしゅうせんぽう)は、将棋戦法の一分野である。

奇襲戦法の例

脚注

  1. 本間(2017)
  2. 飯塚(2014)
  3. 米長(2015)
  4. 湯川(2016)
  5. 升田(2015)
  6. 森(1983)
  7. 神谷(1994年)
  8. 湯川(1999)
  9. 天野(2015)
  10. 米長(2013)
  11. 島本(2018)

参考図書

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.