太田全斎

太田 全斎(おおた ぜんさい、1759年宝暦9年)- 1829年7月16日(文政12年6月16日)[1])は、江戸時代後期の儒学者漢学者音韻学者。全斎。名は(ほう)。叔亀[2]折衷学派に属する。諸子百家研究・語学研究など多方面で業績を残した。

生涯

備後福山藩藩士の家に生まれる[1]折衷学派山本北山に師事する[3]。1788年から備後福山藩に出仕、1823年に致仕、1829年に死去[1]

主な著書

書簡

関連項目

脚注

  1. 高橋昌彦・朝日日本歴史人物事典『太田全斎』 - コトバンク
  2. 沼本克明・小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『太田全斎』 - コトバンク
  3. 三島中洲と近代 其六二松学舎大学、2018年、34頁。
  4. 釜田啓市「稲束猛の韓非子講義」『懐徳堂センター報』、大阪大学大学院文学研究科・文学部 懐徳堂センター、2007年、 115f。
  5. 金子和正・小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『木活字版』 - コトバンク
  6. 中村未来「『韓非子』――法治理論の集大成」『教養としての中国古典』湯浅邦弘編、ミネルヴァ書房、2018年。ISBN 9784623082759。
  7. 平凡社 百科事典マイペディア『俚言集覧』 - コトバンク
  8. 平凡社 世界大百科事典『契利斯督記』 - コトバンク
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.