太原郡

太原郡(たいげん-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から隋代にかけて、現在の山西省太原市一帯に設置された。

秦代

前247年、秦により太原郡が設置され、県治が晋陽(太原市南西部汾水東岸)に置かれた。始皇帝の時代には7県を管轄していた。

漢代

前205年前漢は秦制を継承したが、前201年に太原郡を廃止、管轄する21県は韓国に統合された。しかし同年、韓王信匈奴に投降したことにより韓国は廃止、旧地には太原郡及び雁門郡が設置された。前196年、両郡は再び廃止され代国が設置、前114年元鼎3年)に代国が廃止され再び太原郡が設置されている。前106年元封5年)には并州刺史部の管轄とされた。『漢書』によれば、前漢末に16万9863戸、人口68万488人があった[1]

後漢が成立すると太原県の管轄県は16県に削減、213年建安18年)に并州が廃止されたのに伴い太原郡は冀州に移管されている。

魏晋南北朝時代

220年黄初元年)、は并州を再設置、太原郡を太原国と改め管轄県は12県に減少、続いて西晋の時代になると13県を管轄するようになった。

西晋末年以降は北方民族がこの地に侵入し政権を樹立する五胡十六国時代を迎えることになる。太原郡は前趙後趙前燕前秦後燕などの支配を受けたが、太原郡の行政区画名称は各政権で継承されている。575年武平6年)、北斉は太原郡治を竜山県に移転、以下10県を管轄する郡となり、北周に継承されている。

隋代

583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、太原郡は廃止されて、并州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、并州が太原郡と改称された。太原郡は晋陽太原交城汾陽文水寿陽楡次太谷楽平和順遼山平城石艾の15県を管轄した[2]

618年武徳元年)、により太原郡は并州総管と改められた[3]

行政区画

太原郡の行政区画変遷
前漢後漢西晋北斉
7県21県21県16県12県13県11県
晋陽県
界休県界美県界休県-
鄔県
茲氏県茲同県茲氏県-
離石県於離県於合県於離県-於離県-
楡次県大原亭楡次県
霍人県葰人県-
-祁県示県祁県
-盂県-
-広武県信桓県-
-原平県-
-慮虒県-
-陽曲県-
-汾陽県-
-狼孟県狼調県狼孟県-
-上艾県-
-陽邑県繁穣県陽邑県
-大陵県大寧県大陵県-
-平陶県多穣県平陶県-
-京陵県致城県京陵県-
-中都県中都県
-竜山県
-平遥県
-沾県
-受陽県
-長安県

脚注

  1. 班固漢書』地理志第8上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、287頁。
  2. 隋書』地理志中
  3. 旧唐書』地理志二
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.