太上天皇

太上天皇(だいじょうてんのう、だじょうてんのう)は、譲位により皇位を後継者に譲った天皇尊号[1]、または、その尊号を受けた天皇。由来は、中国の皇帝が位を退くと「太上皇」と尊称されたことにあるとされる。元々は譲位した天皇が自動的に称する尊号であったが、嵯峨天皇の譲位以降は新天皇から贈られる尊号に変化した。

略称は「上皇」である。また、出家した太上天皇を、「太上法皇法皇)」と称する。ただし、これは法的な根拠のある身位ではなく、太上法皇も太上天皇に含まれる。また、太上法皇の称号が用いられた初例は宇多法皇とされており、聖武上皇清和上皇などそれ以前の退位後に出家した太上天皇には太上法皇(法皇)を用いるのは正確な表現ではない。

」とも称され、太上天皇が治天の君として政務を執った場合、その政治を院政という(太上天皇がみな院政をしいた訳ではない)。三宮(后位)と合わせて「院宮」といい、更に、皇族や有力貴族を含めた総称を「院宮王臣家」といった。院の御所が仙洞御所と呼ばれたことから、「仙洞」も上皇の謂として用いられる。

なお、2019年平成31年)4月30日を以って退位した第125代天皇明仁の退位後の称号について、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号)」では歴史上用いられた「太上天皇」ではなく、略称である「上皇」を正式称号としている。

概要

日本史上最初の太上天皇となった持統天皇飛鳥時代

日本皇室における譲位の初例は皇極天皇であったが、この時点では君主号は「天皇」ではなく「大王」であり、当然「太上天皇」という称号もなかったため「皇祖母尊」(すめみおやのみこと)という臨時の尊号が設けられた。また、その後皇極天皇自身が、斉明天皇として重祚している。 その後、大宝令において太上天皇の称号が定められたことで、持統天皇11年(文武天皇元年)8月1日(697年8月22日)、持統天皇が文武天皇に譲位し、史上初の太上天皇(上皇)になった。

日本の皇室には、江戸時代後期仁孝天皇譲位した光格上皇まで、計59人の上皇が存在した。つまり、歴代天皇のうち半数近くが退位して上皇となっている。ただし、平安時代以降「天皇の崩御」という事態そのものが禁忌として回避されるようになり、重態となってから譲位の手続きが行われて上皇の尊号が贈られ、直後に崩御した例が多い。 醍醐天皇は譲位後8日、一条天皇は10日、後朱雀天皇は3日で崩御している。後一条天皇に至ってはその崩御があまりにも急であったためそれさえも間に合わず、その事実を隠したまま譲位の手続きを進め、それが完了してからはじめて崩御を公表するありさまであった。江戸時代後光明天皇などでも同様のことがあった。後桃園天皇に至っては、正式な在位終了日が崩御日の10日後という異常な状態のままになっている。これは、あくまでも「天皇の崩御」ではなく「上皇の崩御」として取り扱うための便法である。

持統天皇以来、太上天皇の称号は退位した天皇が自動的に称するものであり、特段の儀式は必要なかった。時代が下って嵯峨天皇は、自らの異母弟である淳和天皇への譲位に際し、太上天皇の称号の辞退を申し出た。太上天皇は在位の天皇を親権者として支えることから、天皇と同格の権威と権限を有するものとされていたが、嵯峨天皇の場合、に過ぎず親権者ではない平城上皇との間で権力の分掌をめぐって深刻な対立を生じ、ついにクーデターで兄を排除せざるを得なくなった。このため、二重権力の弊害を避けるために太上天皇を辞退したものである。ただ淳和天皇はこれを受け入れず、最終的には淳和天皇が嵯峨天皇に対して太上天皇の称号を奉上する(淳和天皇が嵯峨天皇に対して太上天皇の称号を宣下する)ことで解決がはかられた。これにより、太上天皇の意味合いは、新天皇から与えられる地位に変化したのである。これを踏まえて歴史学界では、一般に、平城までの太上天皇はそのまま「太上天皇」と呼び、嵯峨天皇以降の太上天皇を「上皇」と呼び分ける慣習となっている。

なお、仁明天皇後醍醐天皇のように、退位と死去がほぼ同日だったため、退位後も存命だったにもかかわらず太上天皇の宣下が見送られたケースもある。また淳仁天皇は、藤原仲麻呂の乱の結果として強制的に皇位を追われ、淡路国に流されたまま死去したことから、「淡路廃帝」と呼ばれて歴代天皇として認められず、尊号は贈られなかった。安徳天皇も弟の後鳥羽天皇の即位により廃帝とみなされた。仲恭天皇は即位の礼も経ないまま位を追われたため、即位の事実自体を認められず「九条廃帝」「後廃帝」と呼ばれてやはり歴代天皇から外され、宣下はなされなかった。なお、 淳仁天皇と仲恭天皇については、明治天皇によって改めて尊号が追号された。

光厳天皇後醍醐天皇の政権奪取により廃位され、即位の事実自体も否定されたが「皇太子を辞退したことに対する褒賞」として特例で太上天皇の称号を認められた。崇光天皇観応の擾乱のさなか足利尊氏南朝への降伏(正平一統)により北朝が一時的に消滅したため廃位となったが、融和策を採った南朝側の配慮で太上天皇とされている。後村上天皇長慶天皇は南朝により太上天皇とされた可能性があるが、北朝側は承認しなかった。後亀山天皇も北朝側から歴代天皇として認められず、かろうじて太上天皇の称号は得たものの、これは足利義満が朝廷の反対を押し切って独断で決めた強引なものであり、それさえも「天皇になっていない太上天皇」の扱いを受けた。

天皇号が絶えていた時期にも、太上天皇号は変わらず用いられた。右に「曾孫太上天皇昭仁」とある。「昭仁」は桜町天皇で、当時は太上天皇。亡き曽祖父・霊元天皇に捧げたもの(江戸時代後期

孝謙天皇は、いったん退位して太上天皇となったのち、後任の淳仁天皇廃位した上で自ら称徳天皇として重祚し、天皇に復帰した。上皇から天皇に復帰したのは、ほかに後醍醐天皇の例があるが、こちらは元弘の乱に敗れて御謀叛方となった後醍醐天皇側があくまで退位を拒み、京都では光厳天皇が在位し、自らは隠岐に流されている間も「自分が正統な天皇である」と主張し続けた結果であり、本人は最後まで重祚とは認めなかった。2017年平成29年)現在の皇統譜も、後醍醐側の主張を容認し、光厳を歴代外の天皇としている。

同時に多数の上皇が並立した最多記録は、正安3年1月28日(1301年3月9日)から嘉元2年7月16日(1304年8月17日)まで、後深草上皇亀山上皇後宇多上皇伏見上皇後伏見上皇の5名の上皇が存在した期間である。

その他、天皇としての即位を経ずに太上天皇位を受けた者が2名(後高倉院後崇光院)おり、死後に太上天皇号を贈られた者が2名(誠仁親王、陽光院閑院宮典仁親王、慶光天皇)いる。足利義満は、朝廷の事実上の支配者として君臨したことを踏まえ、死に際して太上天皇の尊号を贈られたが、後継者の足利義持が辞退した。閑院宮典仁親王は生前に尊号が贈られることが決定していたが、幕府の反対により受けることはなかった(尊号一件)。


皇室典範制定後の動き

明治時代旧皇室典範起草時、『高輪会議』における伊藤決裁により、「譲位規定を削る」、「太上天皇の規定も削る」とされ[2][3]、戦後の皇室典範にも引き継がれている。

旧・皇室典範が制定されて以降、第123代大正天皇、第124代昭和天皇、第125代天皇明仁の皇位継承においては「諒闇践祚」、すなわち天皇の崩御後、直ちに皇嗣が践祚し即位する形が採られたため、太上天皇(上皇)の奉上・宣下・譲位はいずれも行われなくなっていた。しかし、2017年平成29年)に第125代天皇明仁の退位を行うための特例法である天皇の退位等に関する皇室典範特例法(退位特例法)が定められ、2019年(平成30年)4月30日に第125代天皇明仁が退位し、2019年(令和元年)5月1日に徳仁が即位した。なお、特例法第3条で「退位した天皇は、上皇とする。」と規定されており、光格上皇以前の歴史上用いられた「太上天皇」ではなく「上皇」が退位後の正式称号である。

歴代太上天皇・上皇

太上天皇宣下日
41持統上皇 文武天皇元年(697年)8月22日
43元明上皇 和銅8年/霊亀元年(715年)10月3日
44元正上皇 養老8年/神亀元年(724年)3月3日
45聖武上皇 天平21年/天平感宝元年(749年)8月19日
46孝謙上皇 天平宝字2年(758年)9月7日
49光仁上皇 宝亀12年/天応元年(781年)4月30日
51平城上皇 大同4年(809年)5月18日
52嵯峨上皇 弘仁14年(823年)5月29日
53淳和上皇 天長10年(833年)3月22日
56清和上皇 貞観18年(876年)12月
57陽成上皇 元慶8年(884年)3月4日
59宇多上皇 寛平9年(897年)8月4日
61朱雀上皇 天慶9年(946年)5月29日
63冷泉上皇 安和2年(969年)10月9日
64円融上皇 永観2年(984年)10月6日
65花山上皇 寛和3年/永延元年(987年)8月1日
66一条上皇 寛弘8年(1011年)7月11日
67三条上皇 長和5年(1016年)4月5日
69後朱雀上皇 寛徳2年(1045年)2月5日
71後三条上皇 延久5年(1073年)1月18日
72白河上皇 応徳4年/寛治元年(1087年)1月9日
74鳥羽上皇 保安4年(1123年)3月1日
75崇徳上皇 永治2年/康治元年(1142年)1月5日
77後白河上皇 保元3年(1158年)9月5日
78二条上皇 長寛3年/永万元年(1165年)8月7日
79六条上皇 仁安3年(1168年)4月8日
80高倉上皇 治承4年(1180年)3月24日
82後鳥羽上皇 建久9年(1198年)2月27日
83土御門上皇 承元4年(1210年)12月22日
84順徳上皇 承久3年(1221年)5月16日
後高倉院 承久3年(1221年)9月3日
86後堀河上皇 寛喜4年/貞永元年(1232年)11月20日
88後嵯峨上皇 寛元4年(1246年)2月22日
89後深草上皇 正元2年/文応元年(1260年)1月9日
太上天皇宣下日/上皇となった日
90亀山上皇 文永11年(1264年)3月11日
91後宇多上皇 弘安10年(1287年)12月21日
92伏見上皇 永仁6年(1298年)9月9日
93後伏見上皇 正安3年(1301年)3月9日
95花園上皇 文保2年(1318年)4月11日
96後醍醐上皇 建武3年/延元元年(1336年)12月5日
98長慶上皇 弘和3年/永徳3年(1383年)10月
99後亀山上皇 元中9年/明徳3年(1392年)11月19日
北1 光厳上皇 元弘4年/建武元年(1334年)1月26日
北2 光明上皇 正平3年/貞和4年(1348年)12月16日
北3 崇光上皇 正平6年/観応2年(1351年)12月17日
北4 後光厳上皇 建徳2年/応安4年(1371年)4月21日
北5 後円融上皇 弘和2年/永徳2年(1382年)6月7日
100後小松上皇 応永19年(1412年)10月5日
後崇光院 文安5年(1448年)1月3日
102後花園上皇 寛正5年(1464年)8月31日
106正親町上皇 天正14年(1586年)12月17日
陽光院 天正16年(1588年)以前贈
107後陽成上皇 慶長16年(1611年)5月19日
108後水尾上皇 寛永6年(1629年)12月22日
109明正上皇 寛永20年(1643年)11月23日
111後西上皇 寛文3年(1663年)3月12日
112霊元上皇 貞享4年(1687年)5月6日
113東山上皇 宝永6年(1709年)7月30日
114中御門上皇 享保20年(1735年)4月15日
115桜町上皇 延享4年(1747年)6月14日
117後桜町上皇 明和8年(1771年)1月10日
119光格上皇 文化14年(1817年)5月9日
慶光院 1884年(明治17年)3月19日贈
125 上皇明仁 2019年(令和元年)5月1日
註釈

同時在位

  • 天皇が太上天皇・上皇と同時に在位していた期間
天皇太上天皇/上皇
文武天皇元年(697年)文武持統上皇
文武天皇7年(703年)
和銅8年/霊亀元年(715年)元正元明上皇
養老5年(721年)
養老8年/神亀元年(724年)聖武元正上皇
天平20年(748年)
天平21年/天平感宝元年(749年)孝謙聖武上皇
天平勝宝8年(756年)
天平宝字2年(758年)淳仁孝謙上皇
天平宝字8年(764年)
称徳
神護景雲4年/宝亀元年(770年)
宝亀12年/天応元年(781年)桓武光仁上皇
天応2年/延暦元年(782年)
大同4年(809年)嵯峨平城上皇
弘仁13年(822年)
弘仁14年(823年)淳和嵯峨上皇
天長10年(833年)
仁明淳和上皇
承和7年(840年)
承和9年(842年)
貞観18年(876年)陽成清和上皇
元慶5年(881年)
元慶8年(884年)光孝陽成上皇
仁和3年(887年)
宇多
寛平9年(897年)
醍醐宇多上皇
延長8年(930年)
朱雀
延長9年/承平元年(931年)
天慶9年(946年)
村上朱雀上皇
天暦3年(949年)
天暦6年(952年)
安和2年(969年)円融冷泉上皇
永観2年(984年)
花山円融上皇
寛和3年/永延元年(987年)
一条花山上皇
正暦2年(991年)
寛弘5年(1008年)
寛弘8年(1011年)
三条一条上皇
長和5年(1016年)後一条三条上皇
長和6年/寛仁元年(1017年)
寛徳2年(1045年)後冷泉後朱雀上皇
延久5年(1073年)白河後三条上皇
応徳4年/寛治元年(1087年)堀河白河上皇
嘉承2年(1107年)
嘉承3年/天仁元年(1108年)鳥羽
保安4年(1123年)
崇徳鳥羽上皇
大治4年(1129年)
1142
近衛崇徳上皇
久寿2年(1155年)
後白河
久寿3年/保元元年(1156年)
1158
二条後白河上皇
長寛2年(1164年)
長寛3年/永万元年(1165年)
六条二条上皇
仁安3年(1168年)
高倉六条上皇
安元2年(1176年)
治承4年(1180年)
安徳高倉上皇
治承5年(1181年)
治承6年(1182年)
治承7年(1183年)後鳥羽
建久3年(1192年)
建久9年(1198年)
土御門後鳥羽上皇
承元4年(1210年)
順徳土御門上皇
承久3年(1221年)
仲恭順徳上皇
後堀河
寛喜3年(1231年)
寛喜4年/貞永元年(1232年)
四条後堀河上皇
天福2年/文暦元年(1234年)
暦仁2年/延応元年(1239年)
仁治3年(1242年)
寛元4年(1246年) 後深草後嵯峨上皇
正元2年/文応元年(1260年)
亀山後深草上皇
文永9年(1272年)
文永11年(1264年)
後宇多亀山上皇
弘安10年(1287年)
伏見後宇多上皇
永仁6年(1298年)
後伏見伏見上皇
正安3年(1301年)
後二条後伏見上皇
嘉元2年(1304年)
嘉元3年(1305年)
徳治3年/延慶元年(1308年)
花園
正和6年/文保元年(1317年)
文保2年(1318年)
後醍醐花園上皇
元亨4年/正中元年(1324年)
元弘4年/建武元年(1334年)光厳上皇

北朝

建武2年(1335年)
建武3年/延元元年/建武3年(1336年)後醍醐上皇
延元2年/建武4年(1337年)
延元3年/建武5年/暦応元年(1338年)
延元4年/暦応2年(1339年)後村上
正平3年/貞和4年(1348年)
光明上皇

(北朝)

正平6年/観応2年(1351年)崇光上皇

(北朝)

正平19年/貞治3年(1364年)
正平23年/貞治7年/応安元年(1368年)
長慶
建徳2年/応安4年(1371年)後光厳上皇
文中3年/応安7年(1374年)
天授6年/康暦2年(1380年)
天授7年/弘和元年/康暦3年/永徳元年(1381年)
弘和2年/永徳2年(1382年)後円融上皇

(北朝)

弘和3年/永徳3年(1383年)
後亀山長慶上皇
元中9年/明徳3年(1392年)
後小松
明徳4年(1393年)後亀山上皇
明徳5年/応永元年(1394年)
応永5年(1398年)
応永19年(1412年)
称光後小松上皇
応永32年(1425年)
応永35年/正長元年(1428年)
後花園
永享5年(1433年)
寛正5年(1464年)後土御門後花園上皇
文明3年(1471年)
天正14年(1586年)後陽成正親町上皇
天正20年/文禄元年(1593年)
慶長16年(1611年)後水尾後陽成上皇
元和3年(1617年)
寛永6年(1629年)明正後水尾上皇
寛永20年(1643年)
後光明明正上皇
承応3年(1654年)
承応4年/明暦元年(1655年)後西
寛文3年(1663年)
霊元後西上皇
延宝8年(1680年)
貞享2年(1685年)
貞享4年(1687年)
東山霊元上皇
元禄9年(1696年)
宝永6年(1709年)
中御門東山上皇
宝永7年(1710年)
享保17年(1732年)
享保20年(1735年)
桜町中御門上皇
享保21年/元文元年(1736年)
元文2年(1737年)
延享4年(1747年)桃園桜町上皇
延享5年/寛延元年(1748年)
寛延2年(1749年)
寛延3年(1750年)
明和7年(1770年)後桃園後桜町上皇
安永8年(1779年)
安永9年(1780年)光格
文化10年(1813年)
文化14年(1817年)
仁孝光格上皇
天保11年(1840年)
2019年(令和元年)徳仁明仁
2020年(令和2年)
註釈
  • 明仁は天皇の退位等に関する皇室典範特例法の規定に基づいて退位し上皇となったが、法律上、上皇が正式称号なので「太上天皇」の号は用いていないが、ここでは便宜上、歴代の退位した天皇として記載する。

幕末の御料

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』には、摂津国島下郡のうち下中条村の一部・鮎川村の一部・吹田村の一部・上野村の全域の計1,896石8斗8升9合が「仙洞御領」として記載されている。

脚注

注釈

    出典

    1. 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年平成23年))1375頁、1683頁、1684頁及び松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年(平成18年))1226頁参照。
    2. 齊藤雅俊 (2016年7月21日). 明治皇室典範10条(「天皇崩スルトキハ皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」)に関して”. 2021年1月15日閲覧。 (日本語)
    3. 「高輪会議」における『皇室典範再稿(柳原前光内案)』逐条審議、伊藤決裁[第十二条(譲位)、第十五条(太上天皇)] : 皇室典範、皇族令、草案談話要録 (1887年(明治20年)3月20日) は、梧印文庫研究会編著『梧陰文庫影印−明治皇室典範制定本史- (日本語)』(1986年昭和61年)8月1日発行、國學院大學)、国立国会図書館憲政資料室所蔵「憲政史編纂会収集文書 」に所収。

    参考文献

    • 宮内庁書陵部著『皇室制度史料(太上天皇(一)」(吉川弘文館1978年4642011315
    • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店2011年) 400080121X
    • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年) 4385139059
    • 退位した天皇の退位理由一覧 (PDF, 260 KB) (日本語)

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.