天顕

天顕(てんけん)は、の太祖耶律阿保機及び太宗耶律堯骨の治世で使用された元号926年 - 938年

  • 元年:天賛より改元。渤海国を滅ぼし東丹国を設置。耶律倍を東丹王に封じる。耶律阿保機が扶余城で崩御。
  • 2年:耶律堯骨が即位。耶律倍が南奔に失敗し、上京に幽閉される。
  • 3年:烏古を服属。東丹国の都城を遼陽に遷す。
  • 4年:耶律倍が医巫閭山に隠棲。
  • 5年:耶律倍が後唐に亡命。
  • 11年:石敬瑭が遼の援助で後唐を滅ぼし後晋を建国。燕雲十六州を遼に割譲。耶律倍が李従珂の使者に殺害される。
  • 13年:会同と改元

西暦との対照表

天顕元年2年3年4年5年6年7年8年9年10年
西暦926年927年928年929年930年931年932年933年934年935年
干支丙戌丁亥戊子己丑庚寅辛卯壬辰癸巳甲午乙未
天顕11年12年13年  
西暦936年937年938年
干支丙申丁酉戊戌

関連項目

前の元号:
天賛
中国の元号
次の元号:
会同
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.